FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

筑波山
2019年2月10日(日)
南岸低気圧が通過すると
P2100080.jpg
俄然面白くなる山がある。

普段は花見やトレーニングのゲレンデとなっている
筑波山と赤城山だ。

建国記念日の初日に関東を南岸低気圧が通過。
ただ、予想より南を通過したために
赤城山には雪雲がかからなかった。

ザックに行動食とテルモスを詰め込み
長靴装備でつくばに向けてハンドルを切る。


トレーニングルートにしている、
つくし湖から上がるコースにやってくる途中、
橋梁などの凍っている個所でクラッシュしている事故現場を4回も見た。

P2100042.jpg

つくし湖の駐車場からスタートする。
道路に着雪は無いが日陰は凍ってベルグラになっている。
こういう時には登山靴よりもスパイク付きの長靴の方が長けている。
P2100043.jpg

いつもの登山道の入り口(薬王院参道)の石畳もうっすらと雪がのっていた。
P2100045.jpg

一度林道へ出て薬王院の山門を通り過ぎて登山道に入る。
P2100046.jpg

比高が上がると比例するように着雪が増えていく。
P2100047.jpg


P2100048.jpg

おなじみ急傾斜帯の木道階段。
これが嫌というほど続くんだな。
P2100094.jpg

山頂間近の東側にせり出した展望岩から
P2100049.jpg

スタート地点のつくし湖と
P2100060.jpg

南の宝篋山とその奥の霞ヶ浦。
P2100057.jpg

写真を撮っていたら頭上を大きな影が横切り、見上げたら
大きなグライダーが音もなく滑空していた。
P2100065.jpg

電波塔の敷地の脇から男体山の神社の下へ出る。
P2100069.jpg


P2100070.jpg

木々の枝の着氷と空の青のコントラスト
P2100072.jpg

大雪にならなかったので、うっすらと雪化粧という感じの女体山
P2100073.jpg

ケーブルカーの山頂駅前広場には、降雪後にもかかわらず
多数の家族ハイカーや観光客が訪れていた。
P2100075.jpg


P2100076.jpg

女体山山頂から
P2100077.jpg

ロープウェイ山頂駅(中央)と山麓駅(左上)
P2100081.jpg

北側の加波山。
P2100090.jpg

下山時に前から気になっていた坊主山に寄ってみることにする。
ここは男体山から北西方向に延びる尾根上のピークで、
西側から仰ぎおみるとコブになっている。
つくし湖からのルートは巻いてつけられているために
無積雪期には藪と化しているようだ。

地形図を見ながら降りてくるとそれらしきトレースがついていた。
同じことを考えている人って多いね。
P2100091.jpg

10分も歩くとピークらしき地形となり三角の石が座している。
P2100093.jpg

回り込むと先客のマーキングが記してあった。
P2100092_20190226131854372.jpg


下山は往路を戻り、Aが称賛するイケメン住職の居る椎尾山薬王院に立ち寄る。
P2100098.jpg

丁度ひな祭りをやっていて、池には雛船が浮かんでいた。
柔らかな日差しを浴びてお内裏様もお雛様も三人官女も気落ち良さそうだ。
P2100101.jpg

タイム:駐車場9:30-展望岩11:13~11:37-男体山~女体山11:45~12:45-薬王院13:40-駐車場14:05




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

茨城 | 17:41:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する