FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

浅貝スキー場跡から大源太山
雲一つない晴天での大展望!

2019年4月13日(土)

全国的な晴天が約束された土曜日、三日前に春の雪が降ったので 雪山が楽しめそうなのでどこに行く?
いくつか案があったものの、やはりせっかくの晴天なら人が少なく かつ展望が良い所ということで
昨年も、大展望に満足できた大源太山にもう一度行ってみますかね。
0001_20190421212659446.jpg



国道脇のスペースの端っこに駐車して出発。
正面には、冬季営業を終了した苗場スキー場がまぶしい。
0002_20190421212701f49.jpg

昨年同様、旧浅貝スキー場跡を登って行く。
昨年の記事
0003_201904212127024d8.jpg

夏道の登山道入り口に到着
0004_20190421212704aa1.jpg

尾根に乗って少し行くと、反対側から上がって来た単独男性と会った。
ワカンを付けて、先を行く男性の後をのろのろ進む。
0005_201904212146347bd.jpg

三日前に降った雪のため、モナカになり昨年と比べて非常に歩きにくい。
三角山への尾根が見渡せる場所にやっと出た。雪庇もありますよ。
0006_201904212127590a0.jpg

鉄塔を越え、一旦軽く下り三角山への登りの尾根がはじまる。
相変わらず、雪庇が右側に張り出している
0028_20190421215600b9e.jpg

単独男性に追いつくはずもなく、ゼーゼーと亀のような進み。
稲包山の向こうに、浅間山
0007_20190421212801549.jpg

三角山への斜度もだんだんときつくなってくる
0008_20190421212802e02.jpg

最後の急登は牛歩戦術で・・・踏み抜きもあったりして余計息が切れる
0009_20190421212804eed.jpg

立ち止まっては振り返り・・・
0010_201904212128451b0.jpg

やっと三角山に到着。
0011_201904212128473f6.jpg

三国山への稜線
0012_20190421212848f3d.jpg

山頂方面も開けて、上州武尊も見える
0013_20190421212850a71.jpg

息を整えて、山頂に向かいましょう
0014_20190421212851d21.jpg

三角山から少し下ってから振り返ると、三角山に立っているBがすごくカッコよく見えた。
よ~し、帰りは私も写真をとってもらおう!
0015_20190421212942682.jpg

やっと山頂に到着!
バックは、左から平標~仙ノ倉~エビス大黒。
三日前の雪のおかげで 昨年より山肌が白くなっているので美しさが倍増してるぞ~!!
0016_2019042121294380e.jpg

国境稜線のパノラマですよ(クリックしてね)
0017_20190421212945266.jpg

苗場山方面
0018_20190421212946e09.jpg

平標山から仙ノ倉。
双眼鏡を覗くと、平標に沢山の登山者が見えた
0019_20190421212948558.jpg

仙ノ倉からエビス大黒
0020_2019042121304356f.jpg

エビス大黒から万太郎、谷川岳。さらに奥には白毛門
谷川岳も、双眼鏡を覗くと登山者の黒い列が見えた。そうとう登っているんだろうな。この天気だもの。
0021_201904212130449a8.jpg

上州武尊
0022_20190421213046cd0.jpg

いつまでも見飽きない景色。だ~れもいないし。
こんな素晴らしい景色を我々だけで二人占めするなんて なんて贅沢なんでしょう。
0029_20190421221822dbb.jpg

登るのに時間がかかり過ぎたので、名残惜しいけど帰らなくては。
0023_20190421213047bab.jpg

三角山への登り返しで、今度は写真を撮ってもらいましたよ。
なんか、凄い所にいるみたいだけど 持っているのがピッケルでなくストックなのでそうでないのがバレますね。
0025_2019042121313750b.jpg

来る時には喘ぎながら登った三角山への最後の急登も 下りはどんどん下れます
0024_201904212130493ac.jpg

とは言うものの、鉄塔への登り返しも疲れた体には結構堪えるなあ
0026_20190421213139ac1.jpg

午後の日差しが 木立の影を真っ直ぐ描いて 山肌に斜線が引かれているようだった。
0027_20190421213140a72.jpg

タイム:駐車スペース7:50-三角山12:13~12:20-大源太山頂12:45~13:30-駐車スペース16:10

昨年、私の忘れ物のせいで急遽転進した大源太山が素晴らしかったので 二年連続でしたが再度行ってみたのは大正解でしたね。
ここは、なかなかの穴場だと思いますね。近くに平標山があったりするせいか 昨年も一人しか会わなかったし今回も一人しか会いませんでした。静かで素晴らしい景色を望めて危険個所も無くと三拍子そろってますね。てくてく隊好みです。
今回は、三日前に新雪が降ったため 踏み抜きがあったりと 今までで一番時間がかかったかも。くたびれました。
朝から下山するまで、雲一つない晴天で 油断して日焼け止めを塗らなかった腕が焼けてしまいましたよ。
Bは、顔にも日焼け止めを塗らなかったので 下山してみたら顔が真っ赤になっていて その後皮も向けたそうです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

新潟(雪) | 22:41:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する