FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
253位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

秋田駒ヶ岳
晴天のもと360度の大展望

2019年5月4日(土)

4日は晴天の予報だ。
Bは、無積雪期に登っているが、Aは大白森から眺めただけの秋田駒ヶ岳。雪のある時期に登ってみたかった場所だ。
田沢湖畔で車中泊し、向かっていくとスキー場のある西面は殆ど雪が残ってないじゃないの!!
とりあえず、アルパこまくさの駐車場に行ってみるが 雪をつなげて歩くのが難しそうなので、八合目への林道方面から行くことにする。

0001_201905152336467c0.jpg



林道は、除雪作業中とのことなので、ゲートの前に駐車して準備をする。 
0002_20190515233647ac2.jpg

アスファルト道を歩くのは面白い事ではないものの、とにかく黙々と歩く。
0003_20190515233649e55.jpg

除雪最終地点から、雪に覆われた林道をショートカットしながら登って行くと 展望が開ける。
0004_201905152336500fe.jpg

岩木山も確認できた
0005_20190515233652625.jpg

カーブミラーがこんな感じ
0006_20190515233753370.jpg

もう少しで八合小屋だな
0007_2019051523375465e.jpg

八合小屋。夏場は、ここまでバスで来られる
0008_20190515233756458.jpg

小屋の中はこんな感じでなかなか綺麗
0009_20190515233757f5e.jpg

小屋からアイゼンを付けて高度を上げていく。宇都宮から来たという単独男性とおしゃべりしながら前後して登って行くと、背後には岩手山も見えてきた。西面は雪が無かったが、さすが北面には雪がまだまだある。
0010_2019051523384597e.jpg

夏場なら歩けない浄土平の湿原から 山頂が目の前
0011_20190515233847bc5.jpg

先に阿弥陀池の避難小屋によって一休み。
0012_20190515233848e3b.jpg

阿弥陀池と男岳
0013_20190515233850208.jpg

男女岳の途中から。男岳のすぐ左に鳥海山が見えた!空に白く浮かぶ島のように美しいなあ~
0014_2019051523385105c.jpg

男女岳頂上へ
0015_20190515234032bfa.jpg

山頂!360度の大展望
いやあ、本当に素晴らしい!
0016_20190515234034d55.jpg

パノラマ写真ですよ。和賀岳方面(クリックしてね)
0017_2019051523403670c.jpg

パノラマ写真ですよ。(男岳~田沢湖~森吉山方面(クリックしてね)
0018_201905152340375aa.jpg

パノラマ写真ですよ。(森吉山~岩手山方面(クリックしてね)
大白森が真っ白な平面になっているので、すぐにわかった。
0019_20190515234038fef.jpg

秋には感動的な紅葉を見せてくれる森吉山
0020_20190515234155d53.jpg

雪のある時に行ってみたい和賀岳
0021_20190515234157b46.jpg

山頂で、地元秋田の方に 色々と教えてもらった。
名残惜しいが下山します。
0022_201905152341587ab.jpg

せっかく持ってきたので、斜面をケツゾリで滑りました。濡れちゃった(笑)
0023_20190515234200741.jpg

前後して登った人達と、下りも前後して下る。
GWに秋田の山に来る人は、やはり人混みが苦手だということを知り、なんだか仲間意識が出ましたよ。
0024_2019051523420108d.jpg

タイム:駐車地点6:35-八合目8:25~8:44-阿弥陀池小屋9:35~9:45-男女岳頂上10:10~10:45-八合目11:18~11:35-駐車地点12:40

晴天に恵まれ、素晴らしい景色を見ることが出来て大満足です。
林道歩きがちょっと辛いものがありますが、逆にそのせいで人混みの山にならなくて済んでいるのだからOKって事ですね。
今度は縦走してみたいですね。

1972年に女岳が噴火した時に たくさんの観光客がお弁当を広げて噴火見物をしている映像を、アーカイブスで見たことがあります。恐らくそれが、男女岳頂上だったのだと思いますが 実際にこの目で女岳への距離を見て 当時の危機意識の無さに、改めてビックリしましたよ。

今年のGWも、秋田三昧しました。もっと近ければ、春夏秋冬の山を楽しめるんだけどなあ・・・・
今回、会った方々からも 楽しい話を聞かせてもらえた。
地元秋田の方や、誕生日を迎えた秋田出身者の方もいて、ネイティブスピーカーの両者から 秋田弁の正しい発音を習ったり(笑)

山良し、人良し、温泉良し
またまた言っちゃいますよ。秋田バンザイ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

秋田(雪) | 22:39:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ