FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
170位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

田口峠から兜岩山
萌える緑の山肌に刺し色を添えるアカヤシオ
2019年5月12日(日)
P5120031_20190520152804cd8.jpg

昨年の暮れに荒船不動から経塚山を踏んで艫岩まで脚を延ばした。
その際に稜線上を一旦西に向かって御嶽山まで行ってみた。
美尾根はその先の兜岩山をも越えて西へ延びている。

いつか反対側から行ってみようとの思いを
ツツジの時期にリンクさせて実行に移した。



下仁田から南牧集落へ入り
県道93号線を蛇行しながら田口峠を目指す。

下仁田から1時間をかけて田口峠の駐車スペースに到着。
ここには簡易トイレがある。
0001_2019052015255613d.jpg
埼玉では散ってしまった桜が満開だ。
桜を愛でる時間を長く楽しめるのはあちらこちらへ移動する
登山者の特権かな。

林道を少し上がると田口峠の標柱とバックに碧岩大岩が見えている。
P5120053_20190520160218ab2.jpg

登山口はトンネルを潜った先にある。
P5120003_20190520152557b53.jpg

トンネル出口の右側の斜面を適当に登りトンネル上の尾根に乗る。
P5120004_2019052015255921f.jpg


P5120051_201905201526006b8.jpg

スッキリとした明るい雑木林で心が和むなぁ。
P5120007.jpg

整った尾根上を10分も進むと
P5120008_20190520152604862.jpg

古い道と交差する(右側) これが古の塩の道、本来の田口峠だ。
ここを物資の運搬のための馬や大八車、信濃へ行き来する旅人が通ったのか?
と感慨深い思いにふけった。
P5120009.jpg


P5120012_20190520152607a75.jpg

北へ向いていた登山道は東へ向きを変えると、艫岩の絶壁が視界に入った。
そういえば4月に男性登山者が転落死していたな。
なんで毎年毎年転落者が出てるのに行政は柵を作らないのか不思議だ。
P5120013_201905201526089f1.jpg


P5120014.jpg

静かな尾根は我々以外の人の気配を感じさせない。
P5120015.jpg


P5120019.jpg

南側の窓から見た八ヶ岳。
八ツに限れば今年は残雪が多いような気がする。
4月に南岸低気圧がいくつも通過したので例年になく降雪量が増えたのか。
正月は全くと言っていいほど雪が無かったのに。
P5120021.jpg

南にせり出した岩峰の上に立ってみた。
0006_20190520152800735.jpg

車を置いた駐車スペースが見えていた。
車が増えていないということは、この後に続く登山者はいないな。
P5120024.jpg

アカヤシオがちょこちょこと出てくるようになる。
こお山域は他のツツジは咲いていない。
P5120027.jpg


P5120034.jpg


P5120036_20190520152809bf0.jpg

兜岩へ向かう分岐に着いた。
ここの標柱には兜岩へ至るという表記が無かった。
P5120037.jpg

分岐から東方向に鎮座するロウソク岩P3。
よく見ると岩肌の天辺にもアカヤシオがはりついている。
P5120039.jpg

分岐から15分ほど北へ進むと
P5120040.jpg

平らな山頂についた。
ここからは展望が無い。
P5120041.jpg

山頂から3分ほど西へ進むと岩場の展望地に出た。
0011_20190520152858257.jpg


P5120042.jpg


P5120044_20190520152902710.jpg






※おまけ
今回のルートを地図でみていたAが、
すぐ近くに「日本一海岸線から遠い地点」というのを見つけた。

調べると国土地理院が測量によって導き出した、
どこの海岸線からも一番遠い地点ということで、到達者には
認定書が授与されるというのでミーハーになって行ってみた。

車で雨川砂防ダムのバックヤードまで入り駐車する。
林道を歩きだし
P5120054.jpg

30分くらい進むと
P5120058.jpg

ここからは登山道となる。
P5120059.jpg

登山道と言っても基本は沢を縫うように渡渉を繰り返しながら進み
最後は沢歩きとなる。
P5120062_2019052015290743a.jpg

水も枯れて左右の斜面が下がってくると
P5120063.jpg


P5120064_201905201529103e3.jpg

到達した。
もっとじめじめしたところだと思っていたが
予想に反して爽やかな森の中という感じ。

沢を詰めた先なのでコルになっています。
P5120066_20190520152912120.jpg


P5120067_20190520152913e7b.jpg

すぐ近くには群馬長野の県境もある山深いところだ。
測量技術が進歩して衛星を使えるようになったことから
この地点の発見があったのだろうと思う。
P5120068.jpg



で、佐久市観光協会から送付された認定書です。
厚紙の賞状みたいな認定書で、
こんなことで戴くのは申し訳ないような立派な作りでした(笑)
認定番号3437なので未だ4000人に達していないのか?
まぁ到達しても申請出さない人もいるだろうから5000人くらいはいってるかも。
P5200001_2019052016205526a.jpg

タイム:駐車場7:45-兜岩山9:35~10:10-駐車場11:30
     駐車地11:45-一番遠い地点12:35~13:10-駐車地13:50




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

長野 | 11:51:30 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
羽黒尾根はアップしないのですか??。
この田口峠から兜岩には一度だけ行ったことがあります。その時も
誰にも会いませんでしたが、ローソク岩付近の道はヤシオのトンネル
で兜岩にもたくさん咲いていました。
2019-05-23 木 19:39:29 | URL | インレッド [編集]
インレッド 様

申し訳ありません!
怠けていてアップする記録が溜っています💦
近日中に載せさせていただきます。

兜岩、やはり歩かれておられましたか。
アップダウンはありますが、歩いていて心が落ち着くコースでした。

最近は人気のないところばかり選んで行きますので、
どこか良いルートがあったらご教示いただけると幸いです。
2019-05-24 金 11:46:27 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する