FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3083位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
220位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

乳頭山
緑の絨毯のような稜線

2019年8月12日(月)

昨日の湯の又沢の後、田沢湖に移動し車中泊。
GWに秋田駒に登った時に見えた乳頭山への穏やかな稜線がとても魅力的だったので 今回訪れることにしました。

0001_20190908203032c73.jpg



アルパこまくさ前から 一番バスに乗って八合目に行く。
GWには、この林道を歩いたわけだから なんと楽ちんなことか!
とはいうものの、天気はあの時とは打って変わってガスガス・・・
0002_2019090820303437f.jpg

夏場は売店があるんだな。中に入ってみましたよ。
0003_201909082030360d0.jpg

殆どの人は駒ヶ岳の方に行ってしまった。
我々は、乳頭山方面へ
0004_20190908203037ecc.jpg

まずは、笹森山へ。
さっそく、緑の絨毯
0005_201909082030387e7.jpg

頂上は、狭くて笹が生い茂っているので写真だけ。
0006_201909082031349fa.jpg

湯森山へ向かう。ちょっとだけ花が。
0007_201909082031361ee.jpg

ベンチがある湯森山。ガスガスです。
0008_2019090820313710e.jpg

笊森山方面へ向かい、一旦熊見平へ下る。
緑のビロードのような広大な景色がなんとも美しい。途中、右手に一か所雪渓が残っていた。
0009_20190908203139cf3.jpg

熊見平
0010_20190908203222141.jpg

ガスガスなので、幻想的な木道
0011_20190908203224879.jpg

0012_201909082032256bf.jpg

0013_201909082032268f2.jpg

0027_20190908210146180.jpg

宿岩で一休み。
反対側から男性がきた。このルートで初めて人に会った。
0014_20190908203228dc8.jpg

今度は笊森へ向けてなだらかな道を登って行く
0015_2019090820331170b.jpg

笊森山
時折、空の上の方に青いものがのぞくのだが ここでもガスに囲まれてしまう
0016_20190908203312bc3.jpg

笊森山を一旦下り、乳頭山へ向けて進む。若干花も咲いている
0017_20190908203314a7d.jpg

左側を見ると、池塘のある沢の源頭の庭園が広がっている。
0028_201909082107414b4.jpg

上がってくるガスが途切れると、乳頭山頂が見えてきた
0018_20190908203315630.jpg

滝の上温泉からの道が合流すると、もうすぐ山頂
0019_20190908203317ab8.jpg

乳頭山山頂。思ったより広かった。
乳白色につつまれ、何も見えませんでした・・・・
0020_201909082034149cc.jpg

山頂からひと下りすると、黒湯への分岐。
我々は、田代平方面に降りますよ
0021_20190908203415c37.jpg

田代平山荘で一休み。
0022_20190908203417ba9.jpg

孫六温泉の分岐。
田代平を見てみたいので、そのまま真っ直ぐ木道を進む。
0023_201909082034184b6.jpg

この先に広がっているのが田代平ね
0024_201909082034203e7.jpg

来た道を振り返って
0025_20190908203524f3d.jpg

田代平を抜けると、樹林帯の中を蟹場分岐まで汗びっしょりになって ひたすら歩きますよ。
3年ぶりの蟹場分岐。前回、このかじられた標識の木に 熊の毛がくっついてたけど、今回は毛が付いていなかった。
ここで、アルパこまくさまで戻るための蟹場温泉のバスの時刻を確認すると 急げば間に合うかも!ということで急いで下りましたよ。(乗り遅れると 1時間以上待たなければならない)セカセカ下ったおかげで 余裕でバスに間に合いました。
0026_20190908203525a20.jpg

このルートは、全般的に両脇から草が覆いかぶさっています。
雨に降られなかったけど スパッツを付けていてもズボンやら靴がびしょ濡れになりました。
比較的人も少なく、東北らしい穏やかな山容と緑の美しいコースでした。
ずっとガスっていたおかげで、かえって日差しが無く暑くなくて良かったのかも。

タイム:八合目6:40-笹森山7:15~7:20-湯森山7:40~8:00-宿岩8:40~8:55ー笊森山9:35~9:50-乳頭山10:55~11:10-田代平山荘11:35-11:45-蟹場分岐12:45~12:55-13:22蟹場バス停
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

秋田 | 21:34:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する