fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
145位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

将棋頭山 その1
体力の低下を確認

2020年3月20日(金)~21日(土)

新型コロナでてんやわんやの世間。
三連休は、人混みを避けて山に行くのが一番。
当初計画していた方面は荒れる予報。初日は強風だが土曜になれば回復しそうなプランということで 数年前に夏に行った将棋頭山に行こうとなりました。
非常に久々の泊りの計画。
P3200011.jpg



林道は登山口まで入れないので、小黒川キャンプ場のゲートに。
既に数台停まっている。今日は 適当なところでテンパる予定なのでゆっくりの出発。
0001_202003281259576a9.jpg

登山口まで小黒川沿いの林道を歩く。
0002_20200328125959b50.jpg

30分程で登山口。登山ポストに計画書を投函した。
0003_202003281300005c9.jpg

冬枯れの雪の無い道をゆるゆると登って行く。途中ぶどうの泉も普通どうりに水が出ている。
0004_20200328130002938.jpg

徐々に道に雪が出て来る。 
0005_20200328130003ecf.jpg

既にへろへろしながら野田場に着くと 雪が降って来た。雪の降る中を相変わらずのダラダラ登りが続く。
夏に来た時も思ったが、ここの長い緩やかな登りには 心底疲れる
0006_202003281300051b2.jpg

馬返しを過ぎ、尾根に乗ると強風に吹かれるようになってきた。
0007_2020032813000675e.jpg

休むポイントを逃したので ちょっと風がよけられるところで少し休憩しゼイゼイと登って行くとやっと大樽小屋に到着。
ここでどうしようかと検討していいると、先程前後していたカップルも検討をするもののもう少し先まで行くとの事で出て行った。
若い人が羨ましい。ってか、体力付けろよ自分。

Bはもう少し上まで行きたかったようだが、ここに来るまでに久々の宿泊荷物ですっかり疲れてしまっていたAは小屋に泊まることを懇願して認めてもらった。
外は強風の音がしていたが、小屋の中に張ったテントの中は極楽ですな。
結局、他に誰も来ないで17時には眠りにつきました。

タイム:ゲート8:45-登山口9:15~9:20-野田場11:05~11:20-大樽小屋13:00
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

長野(雪) | 13:39:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する