fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
145位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

会津金山町 高森山
マイナー山の極みを訪ねる

2020年9月21日(月)


稜線から見下ろす沼沢湖
P9210039.jpg

四連休がスタートするも
前半の二日間は悪天予報の関東地方。

何とか晴れマークが出るエリアを探して
後半の二日間を使って人気のない山域を目指した。

今回、コロナの緊急事態宣言以降初の東北の山となった。


おそらく首都圏のハイカーで
この山の存在を知る人は稀有ではないか。

会津金山町にあるカルデラ湖の沼沢湖。
この外輪山の一角が高森山だ。

周りはブナの森で野趣あふれる自然が残されている。


会津田島から昭和村を抜けて
登山口となる玉梨放牧場へ車を乗り入れる。

P9210002.jpg

しばらくは杉の木立の中を歩く。
0001_20200925200915021.jpg

やがて橅の森へと入っていく。
0002_2020092520091607e.jpg

ここは秋が深まった時期や新緑の頃は、すこぶる奇麗だと想像できる。
奥会津という地域は本当に橅の宝庫だ。
P9210003.jpg

40分ほどで尾根に合流する。
ここには社が祭られていた。
P9210005.jpg

栗より美味し気に見える栃の実。
P9210014.jpg

会津下郷の小野岳の植生もそうだが、
橅の巨木がそこここに点在していてる。
このような巨木は北東北の白神山地でも、お目にかからなかった。
P9210007.jpg

尾根が細くなると高木が切れて突然視界が開けた。
P9210013.jpg

展望があったのでザックを下ろして一本とった。
左右に低木があるので判りずらいが、
Aを中心に左右に50cmほどしか地面がない。
50cmの外側はどちらもスッパリと切れ落ちているナイフなのだ。

このような地形は新潟の鳥兜山にもあったな。
低木の下は空間になっているので木庇の上といったところだ。
P9210012.jpg

こんなリッジを戦々恐々と進んでいく。
0008_20200925201348ce9.jpg

その後、尾根の幅が広がると目指す高森山が視界に入った。
P9210021.jpg

樹木があるので恐怖感はないけど、結構あなどれないルートです。
0010_20200925201349740.jpg

沼沢の集落。
P9210019.jpg


自然物で使えるものは掴みながら体を持ち上げていく。
P9210028.jpg

山ノ神から一時間で山頂に上がった。
P9210035.jpg

山頂からは小さい窓から御神楽岳方向のみ展望がある。
P9210034_20200925211616591.jpg

手前のこんもりは高久原山
奥の端正な三角ピークは御神楽岳。
P9210038.jpg

下山は泥の急傾斜帯を下るのでチェーンスパイクを装着。
P9210040.jpg


下りとなると、下方向が視界に入るだけに
より高度感とリッジの細さを感じる。
P9210041.jpg

奥には往路では気付かない尾根続きの高久原山の姿があった。
P9210042.jpg


タイム:登山口10:50-高森山12:28~13:03-登山口14:16
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

福島 | 23:10:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する