FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3083位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
220位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

野菜のジフィーズ
IMGP1656.jpg

いきなりですが
山行に使う食材だから、これだけの野菜を持っていけ!
と言われたら躊躇しませんか?‥‥  しますよねぇ!!


実際の話、正月の雪山山行では
これくらいの食材は余裕で消化します。

山屋にとって装備の軽量化は永遠のテーマ。
これで良しということはありません。

そこで考え出したのが野菜の軽量化。
フードドライヤーなるものを購入し早々に試してみました。

IMGP1658.jpg

ご覧の通りトレーの重さを引いた状態で計測しても
4キロの目方の野菜たち。

先ずは小松菜2束を乾燥してみましょう。

小松菜は軽く下茹でして水気を絞ります
(う~ん!なんだか料理番組の先生みたいですね)
IMGP1662.jpg

これを乾燥機のトレーに最小単位で並べていきます。
けっこう根気のいる作業です
IMGP1663.jpg

そして乾燥機にセット、今回は4段になりました。
IMGP1664.jpg

我が家はオール電化住宅なので料金の安い深夜電力を利用します。
スイッチON!


翌朝~~~!!!

こんな感じになりました。
IMGP1665.jpg

めっちゃ驚きの体積の減少
そして袋に詰めると
IMGP1667.jpg

目方は?
IMGP1668.jpg

50gです。

気を良くして
今度はダイコン二分の一と長ネギ3本にチャレンジ
IMGP1669.jpg

こんな感じに並べてセットします
IMGP1675.jpg


翌朝~~~!!!

ゲッ!小さい!!
IMGP1685.jpg

袋に詰めて、こんな感じ
IMGP1687.jpg

水分含有量の多い野菜ほど目方が軽くなり体積が小さくなるようです
(あたりまえじゃん!)

そして冒頭に出した野菜全部を乾燥させてみました。

IMGP1692.jpg

小松菜     キャベツ(飛び入り) ダイコン
エノキ      長ネギ        ニンジン
シメジ      玉ネギ        ジャガイモ
ゴボウ                 白菜(飛び入り)

IMGP1691.jpg

全部まとめて計測すると

IMGP1689.jpg

370gですよ!

これなら山に持っていくことに躊躇しませんよね。
ちなみに小松菜50gの乾燥野菜をネットで買うと1200円くらいします。

※実際料理に使ってみましたが葉物に関しては
これが乾燥野菜かと思うほど元の状態に戻りました。
一度乾燥させた野菜類は甘みが増してとても美味しくなります。

調味料次第でカレーにもトン汁にもケンチンにも化けます。

便利便利!!













関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

雑記帳 | 16:46:13 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
なるほど・・・
なるほど大変なんですね下準備が。
要領よく、てきぱきは・・何事にも通用するようですね・。
さて、これらの食材でどのような料理ができあがるのでしょうか。
楽しみです。
私、料理が趣味で気に掛かります。
2012-12-08 土 21:29:17 | URL | 金海のおじさん [編集]
金海のおじさん
私が食当をやる時のメニューは
大かたは一汁零菜(笑)になります。

余計な装備を携行できない山岳では
鍋は大小二つが基本。

そこで一つの鍋で主食のご飯を炊き
もう一つの鍋で汁ものを作る。

この汁ものに全てを投入してしまいます。
ボリュームがあって味がしっかりしていて
栄養価もそこそこ。

要するに定番カレーやシチューなんていうのが役立ちます。
(オーソドックスで期待外れで申し訳ありません)

季節がら、野菜を戻して麺つゆで味付けして
佐藤の切り餅(御存知かな?)を放り込めば
お雑煮の出来上がりです。

シンプル・イズ・ベストで手間はかけません。
山の中では何を食べても美味しいです。


2012-12-09 日 11:03:54 | URL | てくてく [編集]
フードドライヤー 画期的新兵器ですね!

少人数の我が家でも野菜の保存に重宝しそうです
でも 手間暇かける根気がないワン (^_^;)
2012-12-13 木 21:22:06 | URL | ショコラ [編集]
ショコラさま
御来店ありあがとうございました。

そうですね!
確かに面倒と言えば面倒です。
必要に迫られて始めなければ
特にやる意味はありませんよね。

この器具は本来はドライフルーツを作るためのものです。
日本の家電メーカーからは販売されていません。
私の物もCINA製です。
楽天のネットショッピングで2980円で購入しました。

費用対効果からいえば購入は正解でした。
2012-12-14 金 20:08:35 | URL | てくてくB [編集]
これは便利ですね~
こちらでは初めまして

>費用対効果からいえば購入は正解でした。

これはいいですね、早速購入を検討します。冬山では生肉を持っていけても野菜は重たいですからね~(笑)。うどん・らーめん・餅入り雑炊の定番冬メニューですけど。
2012-12-22 土 00:32:28 | URL | テントミータカ [編集]
テントミータカ さま
御来場ありがとうございました

この手の器具は数千円から一万円台後半までの価格帯で手に入ります
値段による差はあまりないみたいですね

その後、片っぱしから乾燥を試みましたが
茸類は短時間でよく乾き香りが強くなります
(干しシイタケみたいに)

逆に白菜の白い所、キャベツの芯の部分は
一晩では難しいです

またお立ち寄りください
2012-12-22 土 14:29:18 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する