fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
145位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

西上州 金毘羅山
2020年11月8日(日)

空中回廊から錦の空気の中へ

PB080061.jpg

晩秋は西上州が良い。
高緯度から降りてきた紅葉の色づきは
この地を赤く染めた後に都心へと移り終焉を迎える。

地形図でどこか良さげな尾根が無いか探していて
上野村のマホーバの森から金毘羅山を経由して、
社壇の頭へと続く長い尾根を見つけた。

このルートは展望ピークがあるわけではないので
紅葉狩りを楽しむ目的での気分に合わせて折り返すプチバリハイクとした。



ここにはコテージとオートキャンプ場が併設されていて
多種アクティビティが楽しめるようになっており
西側の対岸にある不二洞をつり橋で結ぶ
高さ100mのスカイブリッジの景勝地になっている。
PB080002.jpg


前日の土曜から宿泊しているファミリーが朝食の準備をしている
コテージ脇を通り登山道へ入る。
PB080003.jpg


敷地内の人工紅葉は庭師のセンスの良さを感じる。
PB080004.jpg


これも大雨の仕業だろうか?擁壁ごと崩れ落ちてしまった登山道。
PB080006.jpg


金毘羅山へと続く尾根上には十一面観音が祭られている岩場がある。
祠があるが、なんとその真上がボルダーになっていてハンガーボルトが打たれていた。
PB080007.jpg


山頂直下の登り
PB080009.jpg


日が出てきてザックを下ろして一休み。
ここは社はおろか山名板すらない超マイナーなピーク
PB080052.jpg


ここからルートを南へ向けて歩く。
こんな痩せ尾根(最も痩せている個所で幅1mに満たない岩場)を通過していく。
すでに冬枯れの様相だね。
PB080038.jpg


東側の窓に赤岩尾根や二年前に登った
大ナゲシの北尾根がシルエットになって見えた。
PB080011.jpg


色づきは良いのだが日光が当たらないと
コントラストが低く、黄色やオレンジが浮き上がってこないな。
PB080013.jpg


トラバースしていたAが尾根に復帰するところ。
写真では伝わらないがかなりの急斜面にてこずっている。
PB080017.jpg



PB080019.jpg


今日は高気圧が上にいるので、晴れが約束されているのだが
未だ気圧が安定せずに尾根上は冷たい風が吹き東の空は雲が切れない。
PB080020.jpg



PB080026.jpg


歩き出しから2時間半ほどで1133peakに来た。
ちょうどテーブルもあるし、風もやり過ごせる地形なので
少し早いがここでランチをすることにした。
PB080034.jpg


北側の窓から未だ黒い浅間山を見る。
浅間って雪がついていないと探しにくい山だね。
PB080029.jpg


東の窓には先ほどの大ナゲシが大きくなって見える。
PB080031.jpg


奥の赤岩尾根と手前の大ナゲシから伸びる北尾根
PB080033.jpg


毎度、芸のない鍋
1.5ℓの調理ができるコッヘルに
なみなみと入った具材を簡単に完食してしまった。
寒い時期は鍋に限ります。
PB080028.jpg

日が当たりだしてポカポカしてきた。
居心地が良い中でおしゃべりをしていたら
なんとこのピークに1時間40分もいた。

時間を使ってしまったので、この先は次のお楽しみとして
往路を戻ることにする。
PB080035.jpg


上野村の上空も雲が切れてさんさんと日が降りそぐ。
紅葉のシャドウとハイライトがくっきりと出て
コントラストが一気に上がる。
PB080036.jpg


上野村の集落
PB080037.jpg



PB080040.jpg


クローズアップすると
一見奇麗な紅葉も、葉の傷みを見ることができる。
調べるとこれは夏が暑すぎたことが原因であるらしい。
PB080043.jpg


赤岩尾根から両神山へと続く稜線。
PB080045.jpg


この後はオレンジに染まる空気の中を写真を撮りながら下った。
PB080046.jpg



PB080048.jpg



PB080049.jpg



PB080050.jpg



PB080055.jpg


見事な極彩色
PB080053.jpg



PB080056.jpg


この山行で、今年の紅葉見物も終わりかなぁ!
PB080057.jpg



PB080058.jpg



PB080060.jpg

タイム:駐車場7.35-祠8:10~8:25-1133ピーク9:25~11:05-金毘羅山11:40~12:05-駐車場12:50

帰りにヴィラせせらぎで温泉に入ろうと寄ってみたら、コロナの影響で日帰り入浴は中止となっていましたよ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 16:07:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する