fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
72位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

小野子山~十二ヶ岳
展望が無かった

2021年3月20日(土)

やっとAの仕事の繁忙期が終わったのと自粛も解除の見通しが出るという事で 久々に県境越えを解禁することとした。
実は、前日まで別の場所を予定していたのだが 大好きなさちの湯のスタンプカードの期限が迫っている事に気が付いて 急遽温泉山行に計画変更。

以前、雪が付いている時期に小野子山のピストンだけで戻ってしまった事があったので 何度か行っている十二ヶ岳までを繋げることとする。天気は期待できなかったがとりあえず行ってみる事に。

0001_20210404161039c6b.jpg



どんよりした天気だが、すでに何台も車がいた。
0002_20210404161041aa2.jpg

林道から いきなり階段で始まる
0003_20210404161042078.jpg

尾根に乗ると、以前来たときは気が付かなかったが 案外植生が良い。
奥多摩にありがちな植林の針葉樹と違って 新緑や紅葉の時には綺麗かもね~などと話しながら歩く。
0004_202104041610440db.jpg

40分程で雨乞山。ひと休みする
0016_20210404162818462.jpg

感じの良い尾根だ
0005_20210404161045533.jpg

小野子山に到着。
以前来たときは ここから引き返してしまったが、今回は先に進む。
この先一気に下りになる
0006_20210404161047a75.jpg

登り返して中ノ岳
0007_20210404161048ef3.jpg

またまた下って、十二ヶ岳を見上げる
山頂の下は岩場になっている事を初めて知った。
0008_20210404161050be9.jpg

男坂、女坂の分岐
行は男坂を選択
0009_20210404161051802.jpg

多少急ではあるが危険個所も無く、十二ヶ岳山頂に到着
0010_202104041610535d8.jpg

案の定、展望は無く 時折雨粒も落ちてくる始末
晴れていれば、上越国境稜線が見える 絶好の展望台なんだけどね

それでもお湯を沸かしてカップ麺をするる(足利のように、飛び火でもして山火事を起こしたら大変!と慎重に)
0011_20210404161054b40.jpg

下りは女坂を選択。途中に祠があった。
0012_20210404161056c5e.jpg

来たルートで再度小野子山経由で帰るのもつまらないのと、入道坊主というのがあるらしいという事で 分岐からは林道方面に下った。
0013_20210404161057e65.jpg

伐採されているところなどがあったが 結局入道坊主がどこにあるのかわからないまま 林道に出てしまった。
0014_20210404161059052.jpg

あとは駐車場まで 林道をおしゃべりしながらダラダラと歩くだけ。
途中、見上げると石橋?のような星穴のような 穴の開いた岩があった
0015_20210404161100171.jpg

タイム:駐車場8:30-雨乞山9:20~9:30-小野子山10:15-中ノ岳11:00-十二ヶ岳11:30~12:00-林道12:45-駐車場13:55

今回の主目的(?)の さちの湯に寄り、久々の温泉に舌鼓(笑)を打ちました。
やっぱ、山の後の温泉はたまりませんわ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 16:51:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する