fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

丹勢山・鈴ケ岳
見えた景色を探索する

2021年5月9日(日)

前回、羽黒尾根から八風に行った際、八風から見えた丹勢山の斜面にピンク色の塊を見つけた。
そこがどんなところなのか、ちょっと興味が湧いてきて行ってみようという事になった。
本当は土曜の方が天気が良かったのだが どうにも体調がすぐれず 天候がイマイチとのBの予報だったが日曜に出かけた。
0001_20210512215006c20.jpg


※5月4日に八風から見えた景色。伐採地の上の左側のコブの斜面がピンク色だった。
0030_20210512220151ac9.jpg



裏見の滝駐車場。トイレも完備。
何十年か前に一度来たことがあるが まったく覚えがなかった。
0002_20210512215007217.jpg

地形図だと、川を渡った対岸に登山道が付いているはずだが 橋を渡ってみても古河の施設があり登山道がなかった。
仕方ないので、女峰山登山口から歩き始める。
0003_202105122150091ab.jpg

地形図に載っている登山道は作業道により消滅しているようだった。
こんな道を歩いていくと 車道に出た。
0004_20210512215010e82.jpg

ここから延々と林道歩きが始まる。
ツツジが応援してくれる
0005_20210512215012030.jpg

0006_20210512215013611.jpg

分岐の標識があるところが伐採地だった。
八風から見えた伐採地がここだ。
0007_202105122150153e5.jpg

なおも、延々と林道を歩く。
0008_2021051221501602d.jpg

途中、女峰方面が木の間から見える
飽き飽きしながら林道を歩いていると、後ろから車に抜かれた。ゲートがあったけど入れるんだろうか?
その後も、山菜取りの地元の人と思われる車も見かけた。
0009_2021051221501889e.jpg

うんざりするジグザグ道は ショートカットするつもりでいたが、ツツジの密集を見ると踏み入る気が失せた。
最後の方のジグザグのみ、通常の林と笹で構成されていたのでショートカットした。
いいかげんゲンナリする頃、やっと男体山を正面に見る広場に出た。
0010_20210512215019890.jpg

丹勢山の登り口
0011_2021051221502120c.jpg

頂上へ行く途中、パラパラとアカヤシオが咲いていた
0012_202105122150232d9.jpg

山頂
0013_202105122150240f5.jpg

山頂は笹原であるが、木が邪魔をしてあまり展望が良くない
0014_20210512215025b36.jpg

0015_202105122150274fd.jpg

八風から見えたピンク色方面をBが偵察に行った。
笹原の先にピンクが見えたよ~との事。30分程ランチタイムをとって出発。
0016_20210512215337b44.jpg

次に目指すは、男体山の手前に見えている1482.2ピーク。鈴ケ岳というらしい。
0017_20210512215339675.jpg

広場に降りる途中、アカヤシオとシロヤシオが咲いていた
0018_20210512215340f02.jpg

広場から野州原林道を進み、カーブするあたりから笹原に突入
0019_20210512215342b0b.jpg

笹原の中をピーク目指して高度を上げる
0020_202105122153435b7.jpg

中禅寺湖の奥に社山が見える
0021_20210512215344f0c.jpg

三角点に到着。
ここには、山名版は無かった。
0022_20210512215346ed8.jpg

時折、ポツリと雨粒が落ちてくる。
晴れていたら、さぞ気持ちの良い事だろう。バイクの爆音が結構聞こえるけど
0023_2021051221534731d.jpg

第二いろは坂や明智平が見える。見慣れない景色だ。
0024_20210512215349ac5.jpg

30分弱うだうだして、来た道を戻りましょう
0025_20210512215351765.jpg

帰りの林道の途中から、女峰方面。ここからは八風が見えた
0026_202105122153523a3.jpg

伐採地からの女峰方面。双眼鏡で 一生懸命探したがここからは八風は見えない。
微妙な角度により、地形図からは計り知れない山の見え方があることに気が付いて なんだかとても興味が湧いて来た。
0027_202105122153535fa.jpg

ほぼ林道歩きなので かなりうんざりします。ジグザグが多いため往復17キロくらいの距離がありました。
地形図を見ていて、ショートカットすれば良いやと思っていたけど ツツジの密藪が多くとんだ勘違いでしたね。
ヤマツツジが非常に多いようなので もう1~2週間すれば素晴らしいのでしょうね。

見えた景色の場所を実際に歩いてみると、思っていたのとかなり違っている事がわかったりと 今回は色々な発見がありました。
なんだか地形について、もっと知りたいという好奇心が沸き上がるきっかけになる山行だったような気がしますね。

タイム:駐車場7:40-林道8:00~8:05-8:55~9:05-丹勢山10:20~10:55-鈴ケ岳11:30~11:55-伐採地13:25~13:50ー駐車場14:45

 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木 | 22:56:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する