FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

谷川岳 天神尾根
2000mに満たない中級山岳には
とても見えない冬の谷川

遭難者が後を絶たない
魔の谷川岳と言われる所以はこの雪の多さだ


P1040491.jpg

12月の8~9日に襲来した大寒波の置き土産として
大量の降雪があった谷川連峰

毎年のことであるが
足慣らしと簡単な雪山技術の確認をしに
数十回と足を運んだ天神尾根に行ってきた


P1040493.jpg

ロープウェイから振り返ると
バックには白毛門と嶺続きの笠から朝日岳へと続く稜線

いつものようにスキー場の脇を遠慮がちに登り
30分程で天神尾根の肩に乗る

P1040492.jpg

トレースがバッチリならトマの耳を往復してくるつもりでいたが
山頂へ続く期待の先行者は無し

P1040489.jpg

我々二人の非力ラッセルでは日没までに帰れないのは判っていたので
予定通りプチ講習をすることにした

スタカット確保にて事故者の制動
そこから自己脱出、3分の1を使っての事故者の搬出までを確認し
その後、前年度から取り入れたアバランチ・ビーコンによる
雪崩埋没者の救出をシュミレーションする

指導員更新のための技術確認
3分の1プルアップシステムを構築する”てくてくA”
P1040497.jpg

しっかし、こんなことを3時間もやっていると
飽き飽きしてくる
眼下に目を移すとスキー場では
楽しそうに滑走するスキーヤーやボーダーの姿が
P1040501.jpg

「こんなことならスキー板持ってくるんだったなぁ!」

続々と上がってくるパーティーも、一応に上は目指さず
皆、雪上訓練に勤しんでいる
P1040504.jpg

本来雨の予報が出ていた谷川連峰
が、どういうわけかお天気なのです

車の中にサングラスを忘れてきてしまったので
雪目にならないうちに早々と下山しましたよ

P1040499.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

群馬(雪) | 19:55:03 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
偶然です
てくてく様

この日は私たちも天神尾根に居ました
もしかしたら顔を遇わせていたかもしれませんね
確かに予報が外れて異様に暖かな風が吹いて
暑くてヤッケ脱いでやっていました
2012-12-18 火 07:25:46 | URL | ばってん [編集]
ばってんさん、おはようございます。
そうでしたか!
結構たくさんの人がいましたから、その中にいらっしゃったのですね!
いつも雪訓をする斜面が、ゲレンデになってしまったのは少し残念です。
2012-12-18 火 09:33:08 | URL | てくてくA [編集]
てくてくA&Bさんへ

恐れ入谷の鬼子母神・・でした。
雪山での技術をみがくというのは大変なことですね。
私のようなビギナーお山のぼりの人間には、見ているだけで
冷や汗がでてきそうです。
これからもブログ拝見させていただいて、
お勉強いたします。
2012-12-18 火 16:51:28 | URL | 金海のおじさん [編集]
金海のおじさん
荘厳で美しい雪山も
自然の猛威が牙を剥いた時には容赦がありません

非管理スポーツ(レクレーション)
である登山を行う人は、その行動の全てが自己責任

間違えば死に直結するエリアに足を踏み入れるには
それなりの準備と心構えは必要と考えています

毎年毎年同じことの繰り返しですが
その年の雪山の登竜門みたいなもんですかね
2012-12-18 火 19:48:10 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する