FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1454位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
113位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

赤湯
2021年6月5日(土)

緊張感を骨抜きにする至福の時間

20210605_103655.jpg
実に20年ぶりの再訪となった。

昔、勤めていた職場の山岳部の5月の例会が
新人歓迎行事としてここでの懇親だった。

私は今回が5度目、Aは初めてだ。

眺望があるわけでもなく
ピークを踏むわけでもない。

ただ、奥深い自然と大地の恵みが魅力で
ハマる人が多い。



苗場スキー場から国道を離れ
清津川沿いにつけられた林道を進む。
現在は湯沢町のお達しで、小日橋手前まで車で入れる。
橋から先は落石危険のため関係者以外は通行禁止措置がとられている。
0001 (1)


20年ぶりの清津川、相変わらずの美しい水面を湛えていた。
20210605_075238.jpg


小日橋から左岸へ渡った林道を登山口に向けて2km歩く。
20210605_081820.jpg


タニウツギ?だと思う花が出迎えてくれた。
20210605_081814.jpg


林道終点付近までやってきた。
20210605_082714.jpg



20210605_082727.jpg


登山道へ入り
0003 (1)


棒沢を渡渉する
20210605_083312.jpg


ここからは赤湯道の最高地点へ向けて200mの急登が始まる。
20210605_084151.jpg


大きなクロベ(黒檜)の木が点在している。
20210605_084203.jpg


高度が上がり森が明るくなってきた。
20210605_090544.jpg


水平道に入り、途中で見えた佐武流山の稜線?苗場山の稜線?
20210605_091039.jpg



20210605_091131.jpg

こちらは東側に見えた平標山。
20210605_093242.jpg


赤湯道の最高地点、昭文社の登山地図で鷹巣峠と記載された地点を越え
見返りの松と記載された地点。ザックを下ろして1本とった。
ここからは清津川へ向けて高度を下げていく。
0007 (1)


清津川が見えてきた。
20210605_100947.jpg


最後はジグザグの急斜面を下りて、赤湯1号橋でサゴイ沢を渡る。
0010 (1)



20210605_101210.jpg


もう一本の鉄橋で清津川の右岸へ渡る。
20210605_101234.jpg


左側の板張りの内側が、昼間は女性専用の青湯。
20210605_101309.jpg



0012 (1)


青湯の湯舟
0015 (1)


一番大きい湯舟、玉子湯。
20210605_102918.jpg


山口館
20210605_101632.jpg


ここでザックを置いて、風呂道具を持ってサンダルに履き替える。
0013 (1)


到着した10時から正午まで我々の貸し切り風呂でした。
20210605_103127.jpg


いやぁ~~、極楽極楽!!
湯温は56℃付近で湯冷ましをして
玉子湯で39℃くらいに保たれていた。
20210605_104212.jpg


30分近く入ってよい汗をかいたので、河原へ出てランチとしましょう。
20210605_111850.jpg


山口館の建物。
左が本館宿泊棟 右は自炊棟。
20210605_111837.jpg


喉がカラカラになったので
まずは持参したノンアルコールで乾杯~!

この直後に、轟くような雷鳴が一回あった💦
20210605_111438.jpg


メインディッシュは、タイグリーンカレーのスープパスタでした。
20210605_113400.jpg



20210605_111905.jpg


ここへ2時間滞在しました。
我々は泊まらずに下山するので腰を上げます。

せっかく温泉で汗を流したので
帰りは絶対に汗をかかないと誓い
牛歩で斜面を登り返します。
0017 (1)


が、しかし鷹巣峠へ着くまでに大汗をかいてしまった💦

それにしてもグリーンが美しかったです。
0018 (1)


下山途中に数組の温泉泊り客とスライドしました。
皆さん、ザックに様々なお酒を括り付けて意気揚々と登っていきました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

新潟 | 21:30:33 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
おおっ!憧れの苗場山麓・赤湯!。予想外の日帰りでしたか、健脚ですね。以前、ここへテント泊を計画したりしていましたが・・・すっかり、計画倒れで・・・。道中の様子、よく分かりました、良い雰囲気で・・・泊りだと・・・賑わいそうですね。
2021-06-07 月 19:59:07 | URL | テントミータカことmikagemori [編集]
mikagemori様

赤湯のテン場はせいぜい4張ぐらいです。
ただ人が大挙して訪れる場所ではないので
空いている可能性はあります。

今の時期ですと、春蝉とカジカ蛙の鳴き声で
癒されます。

車止めから赤湯までは3時間も見ておけば大丈夫です。
2021-06-07 月 21:29:13 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する