FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
282位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

真名井北稜から川乗山(奥多摩)
ペーパードライバーの頃、電車でも行きやすい奥多摩には ずいぶんと通った。
中でも、川乗山(川苔山)は 色々なコース取りもできるので 何度も行った事がある。
川乗山への登路として行った事のないコースを探していると、
登山地図には破線で書かれている「真名井北稜」を見つけた。
ネットで調べてみると、結構たくさんヒットする。

連休中日の奥多摩は、朝からピーカンの予報!
鳩ノ巣の駐車場に車を止め、駅前から上日向行きのバスに乗りこむ。
終点からさらに奥へ進み橋を渡る。
DSC02351.jpg



林道を進み程なく真名井北稜への登り口の目印の標識がある。
2_20121223225814.jpg

植林の中の急登を行き、尾根に乗るとじきに高圧鉄塔がある。顕著な尾根の落ち葉のふかふかの絨毯を登って行く。
3_20121223225814.jpg

途中、狩猟に来ているおじさんが何人かいたが 非常に静かだ。
晴れの予報を信じていたのに、空はどんより曇っていて 一向に青空が見える気配が無い。
それどころか、何ということか「あられ」が降ってくるではないか。
伐採され、隣の赤杭尾根が見える場所にでる。
4_20121223225813.jpg

一応、破線ルートなのでちょとした地図読み山行になるかな、と期待して地形図を持ってきたが 登山道は非常に明瞭だ。登ったり平坦だったりの尾根をひたすら行く。自然林のところは 枯れ葉の香りもして いい感じ。
5_20121223225813.jpg

3時間ほどで、赤杭尾根と合流した。川乗山頂は 大勢人がいるであろうと、ここでラーメンタイム!
相変わらず、チラチラとあられが降ったりやんだり。結構寒い。(のに、40分程休憩した)
6_20121223225812.jpg

ここから20分ほどで、久々の川乗山頂。直下にあった小屋もトイレも すっかり無くなっていた。(何十年前の話だ??)
北稜では、とうとう登山者には会わなかったが さすがに奥多摩の人気の山頂には 多くの人がいた。
曇っているので、展望もあまり無かった。
7_20121223225812.jpg

後は、鳩の巣までの道を下るだけだ。植林の中のだらだらと長い道を行くと 階段で一旦林道に出る。
最後に川乗山に来た時には まだ無かった林道だなあ・・・・
8_20121223231246.jpg

林道から、再度登山道に入るところが 大根山の神だった。
以前は、うっそうとした林の中にあった祠だったのに 林道がすぐ横にまで来ていたのには驚いた。
すっかり様子が変わってしまい、なんだかとてもショックだった・・・
9_20121223231247.jpg

クリックすると隠れている部分が見られます
monogatari.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

東京 | 23:52:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
てくてくさん、こんにちは
大根山の神って、駅から歩いて行くと最初に休憩するところですね。
私も、随分前に行ったきりですが林道が通ってしまったのですね。
年月を感じます。
2012-12-25 火 12:34:52 | URL | なぎ [編集]
なぎさん、ようこそ。
そうですね、私も電車で行っていた頃 祠の前で一本とっていました。
奥武蔵は、林道だらけというイメージだったのですが 奥多摩も同じようになっていますね。赤杭尾根にも尾根越えの林道が見えましたよ。
2012-12-25 火 18:08:52 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ