fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

富神山
2022年1月8日(土)

てくてく史上 最も短い山歩き

20220108_092323.jpg
それなのに大展望


登り35分 下り20分 それでもヤマケイに紹介されたことのある山形市のシンボル
20220108_103410.jpg
三連休は再びコロナが増えだしたタイミングで
この後は動けなくなると考えていつもの東北を目指した。

この山は、事前に「正月に登れる山形の山」と検索したら筆頭に出てきた
市民が愛してやまない憩いの山だ。

まずは足慣らしとシーズン初の冬靴の感触を確かめるために
登ってみましょう。



山麓の北側 村木沢集落から表参道登山口へ向けてスロープを上がると
つづら折りの道路の先に駐車スペースがあった。
20220108_084447.jpg


二か所に設けられたスペースは
雪上で15台くらい置けそうな広さがあった。

身支度をしていると
地元ナンバー車が続々と集結してくる。
殆どのハイカーは自宅から長靴 またはスノーブーツの
いでたちでゴツイ登山靴を履いているのは我々だけ。
車を降りるとザックを背負いそそくさと森の中へ消えていく。
20220108_084427.jpg



20220108_084831.jpg



20220108_084845.jpg


おかげさまで、しっかりと出来上がった見事なトレースの上を
ありがたく歩かせていただく。
0001_20220112220100e67.jpg


20220108_085742.jpg


10分も歩くと樹林の隙間から南側の景色が少しだけ見えた。
20220108_085823.jpg


少しだけ高度を下げたコルで
山頂手前の小ピーク曲森山を踏むコースと
気の利いた巻道の二股へ出た。

往路は曲森山を踏むことにして尾根の上を歩く。
20220108_090342.jpg


曲森山の標識はなかったが
北側の展望があった。
20220108_090827.jpg


よく踏まれた斜面をつぼ足キックステップで進むと
20220108_091551.jpg


山頂が視界に入った。
0002_20220112220101522.jpg

山頂には先に歩き出したハイカーが展望を楽しんでいる。
今日は子供は居なかったが正月三が日は幼い子供も登ってくる山である。
20220108_092146.jpg


山頂ご神体の社
20220108_092200.jpg



20220108_092213.jpg


好天で雲が無ければ正面は蔵王が見えているはずなのだけど…
20220108_092354.jpg



20220108_092644.jpg


山形市が箱庭のように見えます。
20220108_092819.jpg


日焼けした高齢者の御仁が去年は何回登頂したかの話をしていた。
「おめ 去年は何回登った?」
「201回」
「すげーな!おら164回だ」
「んだけど〇△□さんは264回だ」
「いやいや!たっしゃだなぁ!!」
みたいな会話で半分は異国語で聞き取れなかった💦

それで思い出したのだけど
その昔、谷川岳を二千回目指した登っていたおじさんいたよね?
あの方は今どうしているだろうか?
天神の登りで見かけたことがあったな。
20220108_092828.jpg


写真では確認しづらいが、大東岳や山形神室も見えている。
20220108_093919.jpg


正面のピラミダルな山は、もう一つのシンボル千歳山。
千歳山も市民に登られる山形市の東の横綱。
20220108_093932.jpg


下山する。
20220108_095355.jpg


富神山の南側に位置する鷹巣山
20220108_095518.jpg

帰りは気の利いた巻道を使った
0003_20220112220103d25.jpg


下山後に富神前集落から見た富神山
20220108_103800.jpg

軽い運動をしてお腹が空いたので
この後は大石田の千本だんご🍡を食べに行きました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

山形(雪) | 22:06:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する