fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2026位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
166位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

中禅寺山北尾根から半月山
2022年1月23日(日)

冬季限定尾根から中禅寺湖の展望台へ

0011 (7)

先週の日光高山から膝やら腰やらに故障がでて
オンボロな体に鞭打って再び日光にやってきた。

今回歩くルートもてくてく未踏の部分が含まれる。
地形図上の半月峠と阿世潟峠の間にある1655mピーク。
地形図上には山名は記されていないが
山頂表示板には「中禅寺山」と書かれている。

以前、江戸中期に徒歩で日本地図を作製したとされる
伊能忠敬という人物の資料館を千葉県佐原市(現 香取市)で見学したことがあった。

この時に下野の国の測点の一つに「中禅寺山」というのがあった。
果たして、この中禅寺山が今回の1655mピークなのか
または日光男体山のことを表しているのかそれも確かめるべく
山頂に上がってみることにした。


今回は、歌ヶ浜駐車場ではなく
立木観音の先の冬期閉鎖ゲート前の駐車スペースへ車を置いた。
P1230009.jpg


中禅寺湖の東側の歩道を狸窪へ向けて歩く。
湖の対岸には日光白根が白い頭をのぞかせていた。
ほぼ無風で湖面は静まり返っている。
P1230012.jpg



P1230013.jpg


30分ほどで狸窪を過ぎ、その先の八丁出島の付け根までやってきた。
ワカンを履いているAの左から落ち込んでくる尾根が
中禅寺山北尾根だ。

山頂から北に発したこの尾根は1400m付近で急な壁を作り、
湖畔にて傾斜が緩むとそのまま八丁出島となり湖面の底へと沈み込んでいく。
P1230015.jpg


この辺り、斜面の緩い場所から尾根の上に上がった。
0001 (11)



P1230021.jpg


尾根上に上がると 「あららら!」雪がないじゃないの。
木の根が出ていて、これではワカンでは歩けないので
早々にアイゼンに履き替えた。
高山同様、地面は凍っていた。
P1230022.jpg


積雪が少ないと
木の根や岩の凸凹でアイゼンをフラットに置けずに
実に歩きずらい。
0002 (10)



0003 (7)


1350m辺りから斜度がきつくなり壁に入った。
ここは積雪もあり膝したくらいまで潜った。
0004 (6)


1450mを超えたあたりで再び尾根上となり斜度が緩んだので
ここで1本。持参した黒ゴマ団子でエネルギー補給。
0005 (11)


休憩後もゆるゆると歩きづらい尾根を鹿の足跡を追いながら進む。
どうも鹿の足跡を拾って歩く方が潜らない気がした。
0007 (9)


スカイラインが視界に入った。
山頂はもうすぐか?
P1230029.jpg


稜線に乗った。
やっと着いたよ~
P1230030.jpg


伊能忠敬の測点である中禅寺山は
おそらくこのピークではなく
男体山なのではないか?
江戸から男体山は容易に確認できるが
この中禅寺山は確認困難だと感じる。

昔は男体山のことを中禅寺山と言っていたのかもしれない。
と、勝手に締めくくって先に進む。
P1230032.jpg


この山名標識はブリキの板に釘の打痕で文字が掘られている。
変わったアイデアを持つ人っているんだなぁ!
P1230033.jpg


ここには社山方面からも半月峠からもトレースはついていなかった。
正面の半月山を目指して尾根を外さないように歩く。
P1230034.jpg


現時点では展望のない中禅寺山から唯一望める男体山。
P1230036.jpg



P1230039.jpg



P1230044.jpg


20分弱で半月峠まで下りてきた。
P1230069.jpg


ここから200m登り返しだが、
P1230067.jpg


この先はトレースばっちり!
P1230068.jpg


皇海山から袈裟丸山への黒い稜線。
P1230048.jpg


30分くらいで男体山の展望一等地、半月山展望台へ着いた。
P1230053.jpg


奥日光が巨大な火山地帯であることがよく解る。
P1230050.jpg


双眼鏡を覗くと男体山頂の剣と九合目付近を下山する登山者が見えた。
P1230051.jpg


北尾根の末端、八丁出島。
この後、NHKのライブカメラを探したが
どこにあるか確認できなかった。
P1230052.jpg


前白根から錫ヶ岳へ至る稜線の奥に日光白根が頭をもたげている。
P1230054.jpg


社山へ向かった登山者も下山してきている。
P1230055.jpg


皇海山  鋸山 庚申山の山塊。
P1230066.jpg


展望台から10分ほど先にある半月山山頂。
P1230061.jpg


展望はなく日陰で寒いので展望台まで戻ってランチをした。
P1230062.jpg



P1230064.jpg


下山をします。
帰りは半月峠から狸窪
へ向けて登山道を歩いた。
0012 (6)

0013 (5)


下山途中からみた中禅寺山北尾根。
P1230071.jpg


ルート図(サイズが大きいのでクリックしてください)
中善寺山jpeg

タイム:駐車地9:15-尾根末端9:50~10:05-尾根上10:15~10:25-11:00~11:10-中禅寺山11:43~11:55-半月山ー半月山展望台12:50~13:30-狸窪14:15~14:25-駐車地14:50

入浴: 日光やしおの湯  なんと値上がりして700円(市民外)

※検索した結果 伊能地図にある「中禅寺山」は やはり「男体山」の事らしい。
 なので、今回の1655ピークを「中禅寺山」としたのは 誰かさんの勝手な名づけなのかも??
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木(雪) | 23:10:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する