fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

赤雪山~仙人ヶ岳グルリップ
冷たい風に吹かれて

2022年1月30日(日)

ここのところ、昔行った山の記憶があいまいになることが多い。
Aは15年以上前に赤雪山には行っていて 仙人ケ岳には猪子トンネル方面からやはり15年ほど前にABで行ったことがあった。
その両方を繋げるグルリップが出来ることを知ったので あいまいな記憶を確かめに行ってみようという事になりました。

0001_2022013122145197f.jpg



グルリップルートは、地形図には載っていないので 事前にネットで軽くチェック。
赤雪山への尾根コース入口近くの路肩に駐車して出発
0002_20220131221453594.jpg


P1300005.jpg



植林の中の登山道を行く。次第に体が温まってくる
0003_20220131221454551.jpg


P1300007.jpg



赤松のイイ感じの尾根になってくる
0004_202201312214564b7.jpg


0005_202201312214578ac.jpg

冬枯れの明るい林の中を行くと、赤雪山の山頂方面が見えてくる
0006_2022013122145925c.jpg

赤雪山到着
う~ん・・・記憶と違うんですけど??
看板が違うだけでなく、15年以上前に来たときは こんなに周りに高い木が茂っていなかったような。
名草方面から上がってくると、明るい頂上と東屋が下から丸見えだった記憶なんだけどなぁ~
昔の写真を見返してみたら、バックの木があまりなくて奥に山並みが写っていた。木の成長って早いってことか。
0007_2022013122150075e.jpg

昔の写真には、東屋の奥に日光白根のような山が写っているのもあったが、今回は木が茂っていて見えることはなかった
0008_20220131221502ccb.jpg

唯一展望の開けている南東側からは スカイツリーが見えた
0009_2022013122150338e.jpg

先に進む
0010_2022013122150584c.jpg

木の間から見えるのは赤城?
尾根上は木があり、展望はあまりよくない
0011_20220131221506a38.jpg

下ったり
0012_202201312215088ca.jpg

登ったり
0013_20220131221509ab0.jpg

アップダウンが続くが なかなか尾根が綺麗だ
それにしても、吹いてくる風の冷たい事!
0014_20220131221511f8f.jpg

要所要所にある看板に距離が示されているので目安になりますね
0015_20220131221729f2c.jpg

0016_2022013122490384b.jpg

仙人ケ岳が近くになってきた
0017_20220131221732347.jpg

山頂の肩に出る手前の凄い急坂
ロープがあるので良いけど、乾燥した地面が滑る滑る
三頭山のオツネノ泣き坂のようだ
0018_20220131221733de8.jpg

綺麗な公園のような林の奥が山頂ですよ
0019_20220131221735b48.jpg

15年ぶりの山頂!
看板は基本変わっていないけど、アクセサリーがずいぶんと付いたようですな(笑)
0020_2022013122173666e.jpg


足利百名山って…
どんな山がランクインしてくるのか?
P1300050.jpg



男体山の頭だけが見えた
山頂は風が強く寒いので、風の無い一段下がったところでラーメン作って食べました。
気温が結構低いので暖かいものを食べたのに、体が温まりませんでした。
P1300053.jpg


我々にしては短い30分のランチタイムを終えて先に進みます(寒くて長居できませんでしたよ)
0022_2022013122173940e.jpg

ぐるっと回っているので、赤雪山が西側から望めます
0023_20220131221740dfb.jpg

熊の分岐
15年前にもたぶん通ったな
0024_20220131221742eaa.jpg

地形図の561Mとなっているところが知ノ岳
0025_202201312217449e0.jpg

その先に松田湖への道標がある
0026_20220131221745e7f.jpg

松田川ダム湖
15年前の写真と見比べたら 奥の鉄塔が無かった
0027_20220131221746611.jpg

尾根を外してジグザグと急降下
0028_20220131221748a65.jpg

沢に出て堰堤を越えて
0029_20220131221750789.jpg

キャンプ場にでる。
湖沿いの道を駐車地まで戻りました
0030_202201312217514ed.jpg

タイム:9:05-赤雪山10:00~10:10-11:05~11:20-仙人ケ岳12:07~12:12-ランチ12:20~12:55-14:15

結構アップダウンがあるので、良いトレーニングになります。
近隣の方達に良く歩かれているようですね。大変良い道です。トレランの方もいました

体が冷えてしまったので、またもや 足利の鹿島園で温まって帰りました。
楽しみにしていた 鹿島園の駐車場にいる三本足の猫に会えなかったのは残念でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木 | 23:27:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する