FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
394位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

地蔵峠から篭ノ登山
P1040536.jpg

年末に正月の天気図を見ていて
想像以上に大きな寒気が流れ込んでくることが判った

こうなると山は大荒れになることは予想できたので
第一プランの北アルプス入山はさっさと諦め
冬型の影響を受けにくい信州東部の山に入ることにした


日程も短縮、出発時間も遅らせて
正月山行としてはゆるゆるのプチ雪山に入った

地蔵峠の湯の丸スキー場に車を置き
スキー場のリフトを使って標高を稼ぐ

P1040530.jpg

ゲレンデの雪は乾雪でコンディションは抜群だ

P1040531.jpg

滑走バーンの縁を少しだけ歩き林道に入る
ここからはトレースが無いので
時折、膝上になるラッセルで前進する

30分も進むと目指す篭ノ登山が視界に入る

P1040533.jpg

左が西篭ノ登、右が東篭ノ登山

ワカンを履こうとして1本とっていると
後方から二人組の登山者の姿が視界に入った
が、木陰に隠れていて我々の所にやってこない

いるんですよ!こういう輩が…
ラッセルをやりたくないから
あくまでも我々の前に出ないのです

美しい景色に癒されながら歩みを進めましょう
P1040538.jpg

尚もファーストトレースを付けて歩くこと1時間
P1040541.jpg

夏にハイクで訪れた池の平に到着
P1040544.jpg

過去の経験から気温は-20度くらいでしょうか
長めの瞬きををすると上瞼と下瞼がくっついて離れなくなります

ここで今宵の宿を設営
東屋の下にテントを張りました
P1040581_20130106163939.jpg

ここで車坂峠方面から来たハイカーと談笑
彼らは秘湯の高峰温泉の泊まり客でした

ひと段落したので
明日の登頂のためにトレース付けのアルバイトに出掛けます
ワカンの浮力で潜っても膝上までのラッセルで東篭ノ登山を目指します

P1040545.jpg

前方が山頂
P1040548.jpg

一時間も進むと樹林限界を超えましたよ
まっ白い雪面に青空が映えます

P1040550.jpg

P1040552.jpg

蔵王や八甲田ほどではありませんが
ミニチュアモンスターのお出迎えです

P1040557.jpg

前方は黒斑山と浅間山
P1040559.jpg

テントを張った池の平
P1040556.jpg

そして一投足で山頂へ(東篭ノ登山2227m)

P1040563.jpg

山頂からは360度の展望
前方は西篭ノ登山
P1040564.jpg

嬬恋集落方面
P1040570.jpg

P1040565.jpg

10m前後の風が吹きとても寒いので
滞在時間は10分が限界でした

下山!下山!

アルバイトトレースが結果、登頂しちゃいました

すたこら降りてくると
P1040574.jpg

テン場周りは多数のトレースやスキー跡がついていましたよ
けっこう来るんですね

P1040579.jpg

P1040582.jpg

時間は15時半
おなかが空いたので
水を作って夕餉の準備です

今夜は乾燥野菜とランチョンミートでクリームシチュー
P1040583.jpg

食べ終わると日暮れとなり
寒いのでシュラフに潜り込みます

翌朝、テントの外を確認すると
20センチの新雪で昨日のトレースは何処やら

気圧配置的には晴れの山域なのですが
寒気の吹き出しが強かったために降雪です

よかった~!!
昨日山頂踏んどいて

朝餉を済ませると
テント畳んで撤収です

またしてもワカンを履いてトレース付けでの下山
P1040586.jpg

この日は平地でも寒かったらしいですが
-20度の世界から降りてくると
下界が寒いのか寒くないのか判らないところが幸せですね

この後は、東御市営の御牧の湯で体を温めて帰路につきました










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

長野(雪) | 18:24:40 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
雪山美しいですね!
幻想的だわ~

今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>
2013-01-07 月 18:36:36 | URL | ショコラ [編集]
ショコラさま
あけましておめでとうございます
今年も宜しくお願いたします

人工物や人が破壊した自然を
雪が覆い隠してくれる冬山は
何とも言えず荘厳で好きです

反面、鼻水が凍ったりして
私の顔は荘厳からは、かけ離れていますが…(笑)
2013-01-08 火 06:03:12 | URL | てくてくB [編集]
ショコラ様
今年も、よろしくお願いします。
篭ノ登は、車やリフトで標高が稼げるので 装備さえあれば簡単に2千メートルに行けちゃうお手軽なところです。
冬山は、人が作った道ではなく 自分でトレースを作れるのも魅力です。
静かでピーンと張りつめた冷たい空気を感じられる冬山は、とても気持ち良いですよ!
2013-01-08 火 09:42:34 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ