fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
145位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

再び高峯
2022年2月5日(土)

古の記憶を回復させる

P2050011.jpg
ここ数年、昔歩いた山々の記憶が薄れている。
薄れているだけなら問題ないが全く記憶に残ってない欠落部分がある。

今回の高峰も、AとBで記憶の相違があり
恥ずかしながら私は何も覚えていない。

膝も痛いし長くは歩けないので
ちょうどよいから記憶の引き出しが開くか過去の足跡を辿ってみた。


0004 (8)



高峯は、栃木県の茂木町と茨城県の桜川市に跨る県境の山だ。
ちょうど一か月前の1月3日に笠間市側から仏頂山を踏んで縦走してきた経緯がある。
今回はその西側、深沢集落方向から高峯までを繋げてみた。

深沢集落から上がってきた林道の幅員に駐車する(記憶ない)
左手の木段を上がっていく。
P2050001.jpg


この尾根上には、かつて砥石を掘り出す石切り場が点在していた。
0001 (12)



仏頂山からのルート同様、階段が好きな自治体の
ルート整備をありがたく歩かせていただく。
(膝には優しくない)
P2050003.jpg


針葉樹林が姿を消して
P2050004.jpg


なんと気持ちの良い林なんだろうか(記憶にない)
P2050005.jpg


伐採地らしきピークが見えてきた
P2050006.jpg


前回、ここでお茶を沸かしたというパラグライダーの発射台広場。
P2050007.jpg


眼下の岩瀬集落を挟んで、対岸に加波山とその奥に筑波山。
こんなに絶景なのに(記憶にない)
P2050009.jpg


その先、鞍部へ下りて5分も登り返すと
前回の折り返し点、高峯山頂。
P2050010.jpg


再び、広場まで戻ってきた。
この頃より寒波の南下が始まって気温が低下、
空には雪雲の先端が青空を隠しだす。
0007 (10)


往路を戻る。
このルートにはマウンテンバイク専用のコースが併設されている。
虎ロープの左側がバイク専用軌道。
P2050014.jpg


グングン気温が下がってきたので
サクサクと下山。
P2050016.jpg


駐車地まで戻ってきた。
P2050017.jpg


結局、記憶の引き出しは開かなかった。
脳が終わっているという結論でした💦


※温泉   グリーンビレッジ八千代の湯 憩遊館 700円(JAF会員証提示すると100円引き)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木 | 22:16:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する