fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

獅子ケ鼻山
2022年2月12日(土)

素晴らしき大展望!

三連休だが、繁忙期になってきたので山に充てられるのは一日だけ。
ちょうど中日の土曜日が、天気が安定しそうなので 四年前に行ってなかなか良かった獅子ケ鼻山へ向かった。
玉原スキー場のリフトを使って、ゲレンデトップからの「チョンボ登山」です。

0001_202202142158015d3.jpg



リフト開始の8時半に乗車。二本乗り継いで ゲレンデトップへ。
リフトの係員に、今日は良い天気だから楽しんできて!と声を掛けられ気分も良い。
0002_202202142158039e4.jpg

スキーを履いた二人組の後を追って、ワカンで進む。今年は雪が多いな
0003_20220214215804419.jpg

振り返ると 玉原湖と真っ白な浅間山が見えた
0004_20220214215806723.jpg

登り始めて30分ほどで鹿俣山
0005_20220214215807604.jpg

樹林の中から稜線に出ると 獅子ケ鼻を真ん中に右に剣が峰 左に武尊山頂が見えてくる
0006_20220214215809725.jpg

スキーの二人組はいつの間にかいなくなり、我々がヒーコラとラッセルしていると 元気な男女ペアに追い抜かれた
0007_202202142158109fb.jpg

0008_20220214215812bf5.jpg

真ん中に獅子ケ鼻 右に剣が峰 左に武尊 ずっとこの構図
0009_2022021421581368f.jpg

晴天の雪山って とても美しい
ついつい足が止まってしまう
0010_20220214215815f5e.jpg

途中、迂回するのに木をくぐったり・・・
0011_20220214215816186.jpg

幻日が見えたり・・
0013_20220214215819fc3.jpg

ルートどりを考えるとこもあったり・・・
0014_20220214215821cc1.jpg

雪がフカフカで ステップが崩れて登るのに苦労したり・・・
0015_20220214220044fb9.jpg

ひたすらゼーハーして登っていると
0016_20220214220045184.jpg

先行してトレースを付けてくれているペアの女性が叫び声とともに、雪庇を踏み抜いたが幸い浅い穴で無事だった
この後、より樹林側を歩くよう気を付けた
0017_202202142200474c4.jpg

ますます雪庇が大きくなってくると 頂上だ。
0018_2022021422004834c.jpg

先端が頂上だが、狭いので少し手前の斜面を掘って腰を落ち着けた
ここでカップラーメンのランチとする
0019_202202142200508dc.jpg

谷川~上越方面のパノラマ写真(クリックしてね)
0020_202202142200518b0.jpg

上州武尊方面のパノラマ写真(クリックしてね)
0021_20220214220053a8c.jpg

剣が峰には たくさんの登山者が見える
0022_20220214220054d7d.jpg

武尊山頂方面には アリンコのように黒い行列
川場スキー場からのルートは 今日だけで何百人とかいるんじゃないかな?
0023_20220214220056b82.jpg

谷川岳を双眼鏡で覗いてみたら、天神尾根からの頂上直下の雪田部分が真っ黒く行列が見えた。
こちらも相当の登山者で賑わったているようだ
0024_2022021422005797e.jpg

一時間近く頂上にいる間に 青空はグレーになってしまった
0025_20220214220059c3f.jpg

頂上方面から雪庇と浅間山
0026_202202142201002aa.jpg

さて、戻りましょう
0027_20220214220102513.jpg

0028_2022021422010304c.jpg

0029_202202142201059ef.jpg

0030_202202142201066c2.jpg

鹿俣山を下りたところから キャンプ場方面へ下る場所は おそらくこの辺のはず
0031_202202142201085b2.jpg

雪庇の張り出しの少ないところを狙って クライムダウンする
0032_2022021422010996e.jpg

下から見上げる
雪庇の下まで登ってきた人のトレースがあったが 上には抜けていなかった。
ここまで来て引き返しちゃったのかな?
0033_20220214220111f75.jpg

あとはゲレンデ脇やブナ林の中を駐車場まで下っていきました
0034_20220214220112105.jpg

タイム:ゲレンデトップ8:27-鹿俣山8:58~9:05-10:25~10:30-獅子ケ鼻山11:30~12:20-13:20~13:30-14:30~14:40-駐車場15:05

2018年に来た時より はるかに雪の量が多かったです。
雪庇も ずっと大きかったですね。
楽チンなルートなはずだけど、ワカン歩きで腰が痛くなってしまいましたよ。単なる老化ですかね。
隣の上州武尊のように大勢の登山者が押し掛けることもないので このルートはなかなかの穴場かも。
それでも、山渓だかにこのルート載っていたせいか 今回は他に4パーティーがいましたね。
人気ルートになりつつあるのかな?

ちょっと離れているけれど、北橘温泉ばんどうの湯に寄りました。
民営化して770円と料金が跳ね上がったせいか、かつてのように混雑していませんでした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬(雪) | 23:22:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する