FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
394位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

八丁山からの鷹ノ巣山(奥多摩)
奥多摩の人気の山である鷹の巣山。
初めて行ったのは、ウン十年前の高校山岳部での「ボッカ訓練」。
キスリング(年がばれちゃいますね~)に校庭の石を詰めて、設定された重さにしたものだ。
その後、何度か登ったが 最後に来たのは何年前だったろう?
今回は、ちょっとだけ一般ルートをはずして 八丁山経由で行ってみた。
登山地図には載っていないので、当然地形図と磁石は必携だ。

1_20130114110713.jpg



日原の駐車場に車を止めて支度をする。ここのトレイは使用禁止になっていたが、バス停には綺麗なトイレが設置されていた。
稲村岩コースの登山口から入り、巳の戸橋を渡るが この橋、記憶にあったものとは違うなあと思ったら その先に以前の橋だった場所があった。
ひと登りすると巳の戸尾根への分岐となる目印に出る。

ここを右上に入って行く
DSC02401.jpg

植林の林の中を上がって行く。今日はうっかり「厳冬期用」の下着を着てきてしまったため暑い!ユニクロのシャツで良かったワン!
分岐から15分程で作業小屋後(?)の広場にでる。お釜なんかが転がっている。
2_20130114110713.jpg

ここから右に回り込むとじきに看板があり、御丁寧にピンクのテープも巻いてあった。
巳の戸尾根の末端に乗るべく 植林の中の踏み跡を行く。
3_20130114110712.jpg

しばらくすると植林から自然林に変わってくるため明るくなってくる。
冬枯れのいい感じ~
4_20130114110712.jpg

さらに行くと、伐採された場所にでた。
5_20130114110711.jpg

このすぐ先で、尾根に乗る。その時、いきなりガサゴソと音がして え~!熊?鹿??とちょっとあわてたが、まさかの二人組に遭遇・・・
このルート、人に会わないかと思っていたら そうでもないんですね~
まあ、ネットで見ててもそれなりにヒットする訳だから やっぱ、マイナールート好きはいる訳ですね。

尾根に乗ると、鹿避けネット沿いに ひたすら尾根の上を行く。枯れ葉フカフカで 踏み跡はあまりついていないが、尾根をはずさなければ良いわけでして。
こんな、明るい雑木林の中を行くわけですよ。
6_20130114110711.jpg

ひたすら明るかったり暗かったりの林の中を進んでいくと 岩場がでてきます。
7_20130114110754.jpg

鷹の巣山頂も見えてきましたよ~
8_20130114110754.jpg

ここの岩場は、慎重に尾根通しに行きます。なんだか、甲斐駒の黒戸尾根の 刃渡りのところに雰囲気が似てます。
9_20130114110753.jpg

岩場の先、ひと登りで八丁山の山頂。木に覆われて展望は無い。
休んでいると、結構寒くなってくる。
10_20130114110753.jpg

山頂からは、いったん下り 自然公園みたいな気持の良い場所にでる。
11_20130114110753.jpg

ひと登りした先に風は吹きつけるけれど、展望の良い場所があった。
雲取山方面
12_20130114110752.jpg

さらにひと登りで、お伊勢山。八丁山から30分程でしょうか。
13_20130114110840.jpg

ここを下りきったところのコルには、遭難碑と廃道の看板がある。
鷹の巣山で単独行の高校生が雪崩で亡くなったという若かりし日の記憶があるが、
この遭難碑は、もしやその方のなのかな?
14_20130114110840.jpg

さて、ここからは稲村尾根合流までの登りになる。
15_20130114110839.jpg


北側の斜面のため、うっすら雪や凍ったところも出てくる。
この頃になると だいぶ疲れが足にたまって来ていた。
でも、こんな場所じゃ寒いし風もあるので 取りあえずは稲村尾根に出てから休もうね!ということでだましだまし登っていき コルから40分もかかってやっと「ヒルメシ食いのタワ」の 少しだけ山頂寄りに出た。
お腹も空いたし疲れちゃったので、ここでラーメン休憩を45分程・・・・
登山者が次々と通って行く。

さて、この先凍ってそうなので6本爪の軽アイゼンを装着する。
案の定、沢山の登山者によって歩かれているので この先の道はかなり凍っていた。
25分程で、頂上へ到着
16_20130114110839.jpg

多くの登山者がいるものの、ワ~オ!晴天バンザイ!!
17_20130114110839.jpg

青空が綺麗ですよ!日当たりの良い頂上は埃っぽいですね。
多くの人が 景色を激写していましたよ。
18_20130114110838.jpg

南アルプス方面も良く見える
23.jpg

さ~て、先程大休止したので 頂上では15分程休憩。あとは下山です。
19_20130114110907.jpg

稲村尾根は 結構下りも長く感じますね。昨年の黒戸尾根の下りを思い出します。
だんだん、大腿四頭筋がフガフガしてきました。
この道を歩くのは たぶん20年以上ぶりかも。
稲村岩から下のところにいくつか堰堤があったのだけど、こんなのあったっけ??
まったく記憶にありませんなあ。単に、私の記憶力がボケてるだけなんでしょうか?

まあ、そんなこんなで やっと道路に飛び出し歩いていると、まあ!なんと懐かしい!!
中高年以上の方々にはおなじみの コンチャン・・・
20_20130114110907.jpg

<タイム>
駐車場7:35-八丁山9:40-ヒルメシグイ11:15-鷹の巣山頂12:20-駐車場15:00

(時間は、各所への到着時間です)

クリックすると隠れている部分が見られます
kogashi.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

東京 | 10:44:04 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
こんばんは!
度々拝観させていただいておりましたが
大村崑ネタで完敗です。
参りましたぁ!!
立ち寄らずにいられずにコメントします。

てくてくさまも昭和臭プンプンの方のようですね
なんだか嬉しい限りです
山は初心者ですが人生は大台に乗ってます

また立ち寄らせていただきます
頑張ってください!!
2013-01-14 月 20:26:14 | URL | 爺親 [編集]
爺親サマ
おいで下さり、ありがとうございます。
そうなんです。昭和を懐かしく感じる世代なんですよ~
以前、水原ひろしの看板にお目にかかった時も 激写しちゃいまし(笑)
これからも、どうぞお立ち寄りください。
2013-01-14 月 20:42:36 | URL | てくてくA [編集]
鷹ノ巣山懐かしい~
と言っても名前だけ記憶にあります
山頂はこんなに景色が良かったのですね!
あっ私 キスリング なんて知りませんワン(・・?
2013-01-16 水 22:05:26 | URL | ショコラ [編集]
ショコラ様
お忘れですか~?
ヘルツハイマートをご覧になって~!
またまた~・・・・あんなにパッキング上手だったじゃないの!
2013-01-16 水 22:53:26 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ