fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

龍飛崎
2022年5月5日(木)

津軽半島をてくてく

P5050173.jpg

生まれて初めての津軽半島旅行。
陸奥湾~津軽海峡~日本海と沿岸を一日で
駆け抜けた。

主だった山脈がない津軽半島は
今まで足を踏み入れたことが無かった。
唯一、寝台特急北斗星で青函トンネルをくぐる際に
通過しただけだ。

今回訪問二回目となるAに付き合ってもらって
観光をしてきました。



青森より国道280号線で陸奥湾沿いを走り
平館灯台のある道の駅で一休み。
対岸には下北半島が見えている。
風は強い。
P5050102.jpg


高野崎キャンプ場台地からの津軽海峡。
P5050106.jpg



P5050115.jpg



P5050116.jpg


JR津軽線の津軽二股駅にやってきた。
渡り廊下のある建物は
新幹線の奥津軽いまべつ駅。
在来線と新幹線で駅名が異なる。
P5050119.jpg


ここには道の駅「奥津軽いまべつ」が併設されている。
P5050120.jpg


ここが青函トンネルの本州側入り口。
鉄オタが動画を撮りに来るポイントで
貫通石を祭った神社と展望デッキ、
ポイント通過時間を記した時刻表が設置されていた。
P5050128.jpg

ハヤブサ号通過の動画です。
青函トンネル青森側入口

P5050129.jpg


在来線の最終駅「三厩駅」
Aがうら若き時代にこの地に降り立った思い出の駅。
(昔は”みうまや”という駅名だった。byA)
P5050131.jpg



P5050132.jpg



P5050134.jpg


奥州 藤原氏の伝説の残る
龍馬山義経寺下にある厩石(まやいし)
P5050141.jpg


護摩壇にしていたのかな?
P5050136.jpg




P5050144.jpg



P5050145.jpg


青函トンネル龍飛斜坑線ケーブルカーに
乗るべく道の駅までやってきた。

このケーブルカーで落差220M 海底140m地点まで潜る。
P5050149.jpg


ガタンガタンと振動を受けながら7分間かけて
龍飛海底駅と同じ深さまで潜った。
P5050150.jpg


残念ながら北海道新幹線開業とともに
海底駅プラットホームまでは行けなくなったが
当時の難関工事の様子は十二分に理解できた。
P5050151.jpg



P5050153.jpg



P5050164.jpg



P5050165.jpg


現在の貨幣価値から考えたら
信じられないくらい安い工事費。
P5050166.jpg



P5050170.jpg


再び地上に戻り龍飛崎灯台。
P5050174.jpg



P5050176.jpg



P5050180.jpg


これが話題の階段国道399号線の終点。
ここから70mの比高を石段で下って国道は海岸線で終わる。
P5050184.jpg


中間地点。
P5050185.jpg


龍飛海岸の末端にある帯島。
P5050190.jpg


十三湖付近から見た名峰岩木山。
初めて半島側から岩木山を見た。
均整の取れた優美な山体にいたく感激♡
P5060214.jpg


日本海sunset
P5060277.jpg



P5060280.jpg


日の出より日の入りの方が何倍もロマンチックだなぁ!
P5060290.jpg



P5060299.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

雑記帳 | 21:05:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する