FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
282位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

古賀志山(中尾根~東稜)
なめてかかった 鍋焼きうどん山行は・・・

東京の大雪後の最初の日曜。
低山でも雪がまだのこっているかな。
近くを通る事が良くあるのに、Aにとっては初めての古賀志山。
今回の目的は、冬の陽だまり「鍋焼きうどんハイク」
なんだかコースが沢山ありそうだけど、市民ハイキングコースなんだろうからとBからもらったガイドブックのコピーだけで、地形図も持たず。

11_20130121233022.jpg




8時に赤川ダムの駐車場に到着。公園駐車場のゲートはまだ開いていないので、道路脇の駐車場を使用。
Bは、歩いた事の無い「中尾根」を登って 「東稜」を降りようと言う。
ガイドブックのコピーには、そのコースの説明は無いが 地図には一応線が書いてある。
ガイドブックの地図通りに、赤川ダムの先北コースへの林道を左に分け、さらに林道を進み 細野ダムの奥の橋を渡り、戻るように進むと 写真のような踏み跡が
1_20130121232945.jpg

踏み跡をたどると、あらら・・・前にネットで見かけた岩場じゃありませんか~
結構上まで 鎖とトラロープが垂れている・・・(あとで知ったのですが、これが1番岩というらしい)
ビビリAとしては、こういうところをゴボウで登るのってちょいと怖いンですよね・・・(握力不足なんで・・)
今日はハーネス持ってきてないし。まあ、いつも持参しているスリングで簡易ハーネスにして 一応Bにロープをつないでもらって最初の登りだしを越えました・・
まあ、最初を乗り越せば あとは慎重に行けば大丈夫

鎖場の途中から下を見る
2_20130121232945.jpg

上を見る
3_20130121232944.jpg

その先、次の岩場はフェース状。右に回り込むと左側にまたもやロープが垂れている。
ここの乗越しは、ちょいとハング状で一番怖かった。Bに引きずりあげてもらった感が強かったです(汗)
4_20130121232944.jpg

歩きはじめに、あんなに寒くてしょうがなかったのに 続けざまの岩場で、すっかり汗をかいてしまった。
難所を越えたところに、ちょうどよいテラスがあり 朝ごはんも食べていなかったので、早くも「鍋焼きうどん」タイム!
5_20130121232943.jpg

ぽかぽか陽だまりの中、おいしくいただく
6_20130121232943.jpg

何人かの人が通過していった。ふむふむ、このコースも結構人がくるんだな。
この先にも、ロープのぶら下がった岩場が出てくる。
写真の上の方の岩溝は、体の幅が広い人は挟まっちゃうかも??
7_20130121233024.jpg

眼下に赤川ダムが見える
8_20130121233023.jpg

古賀志山の山頂も見えきた
9_20130121233023.jpg

面白い岩。
10_20130121233022.jpg

アップダウンを繰り返していくと雪が出てきた。
まっすぐ行くと岩場にロープがぶら下がっているところと、右に雪の中のトラバースの分岐があった。右手のピークに人がいるようなので、右のトラバースをたどって行ってみる。
ひと登りすると、どうやら559Mのピークだ。日光方面が良く見える。
12_20130121233021.jpg

再度、下り尾根通しに行く。伐採地からは、日光方面が良く見える。
13_20130121233101.jpg

富士見峠にでる
14_20130121233101.jpg

山頂方面へ雪の中を登る
15_20130121233100.jpg

山頂には、沢山の人がいた。地元の憩いの山なんだろうな。栃木弁のいくつものグループが、車座になって鍋なんぞをしていた。
16_20130121233100.jpg

あとは、下るだけ。東稜方面に向かう。展望台の先から 鎖場が始まる。
17_20130121233059.jpg

何箇所かの鎖場を降り、しばらく尾根通しに行き、途中から尾根からはずれ下って行くと林道に出る。
この林道が、凍っていて非常に滑り怖い!今日の核心かも!?
頂上から1時間で、駐車場に戻った。

※帰って来てから調べたら、中尾根の登り口もいくつかあるようですね。
 2番目の岩のハング状が、一番怖かったです。ほかのルートもあったのかもしれません。
 ガイドブックの地図のみで、地形図がなかったので 自分の歩いている場所が良く分かりませんでした。
 ダメですね、こういう事じゃ。低山だからとなめてはいけません。

 鍋焼きうどんが目的のハイクだった割には、緊張感ギンギンの 怖面白いとこでしたよん!


古賀志山


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木 | 00:53:14 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
美味いことしてますね
私のホームグランドは佐野にある大小山です
今度古賀志山にも足を運んでみようと思います
歩かれたルートはかなり厳しいですか?

それにしても山中で鍋焼きうどんは初めて見ました
アルマイトの鍋は未だ売っているのでしょうか?
2013-01-22 火 09:04:21 | URL | 爺親 [編集]
爺親サマ
古賀志山は、いくつもルートがあるようですよ。
岩場の多い中尾根は、ちょっと厳しいかもしれません。
大小山ですか!私も、何度も行った事ありますよ。お手軽ですが、展望の良い気持の良いところですよね!
大小山へ行く時には、道の駅「どまんなか田沼」とセットにしています。(野菜が新鮮で安いですね)
アルマイト鍋は、ネットで探しました。
またのお越しを、お待ちしております!
2013-01-22 火 09:46:42 | URL | てくてくA [編集]
鍋焼きうどん 美味しそうだワン!
2013-01-22 火 22:01:07 | URL | ショコラ [編集]
時間がたっぷりある、冬の日だまりハイクに 鍋焼きはピッタリですよん!
写真じゃ、よく見えないけどお餅も入っています。運動量に比べて、カロリーオーバー??
2013-01-23 水 09:39:41 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ