fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

牛の寝から鶴寝山グルリップ
美しい巨木の森はマロンロードだった

2022年10月2日(日)

久々に週末が晴となった。
そういう時に限って用事があったりで、日曜の日帰りのみ可能なんだな~
また、Bの膝の調子も芳しくないので なるべくアップダウンの少ないところということで、5年ぶりに牛の寝の尾根付近を歩いてみることにしましたよ。

0001_2022100422322432c.jpg



道の駅小菅に車を停めてのグルリップ。
爽やかな秋晴れで、気温も早朝のため涼しい。
0002_20221004223225926.jpg

道の駅から一旦下り、山沢川を渡る。
前回来たのは12月で、ものすごく寒かったなあ。
0003_2022100422322759e.jpg

植林の中をジグザグ登っていくと、工事中の看板に なんだろう?と思っていると 以前は無かった林道が出てきた。
田元からの登山道の分岐看板のところも林道が横切っている
0004_20221004223230215.jpg

重機が点在している林道を歩いたり横切ったり
ちょうど伐採時期となったのだろう
0005_202210042232314d6.jpg

林道終点を越えると、なだらかな美しい林が広がってくる。
もう一月もすると、紅葉でさらに美しさに磨きがかかりそう
非常に気持ちが良いので一休み。休んでいると 木々の上の方から栗やらどんぐりやらが落ちてくる
0006_20221004223232b72.jpg

小菅村からの道の合流
0007_202210042232348e1.jpg

トレランにうってつけのような 非常に良い道が美しい木々の中に続いている
0008_20221004223234b73.jpg

傾斜も緩く、歩きやすいし とにかく気持ちの良い道だ
0009_20221004223236f76.jpg

前回も笑ってしまった スーパーカブが健在していた
0010_20221004223238e95.jpg

新緑、紅葉時期は 更に美しいだろうな
0011_202210042232391a5.jpg

小屋の残骸が見えると・・・
0012_2022100422324200b.jpg

大ダワに到着。
今日は、牛の寝のここまで。
0013_20221004223243831.jpg

早めのランチとする。
Bがラーメンをふるまってくれた。
以前来たときは 冬枯れで木々の葉が落ちていたせいか もう少し開けていたような記憶だが ここからは何も見えなかった。
ランチ後は、しばらく栗拾いを楽しむ
0014_20221004223249c57.jpg

今回は大マテイの頂上は行かないで トラバース道(日向道)を行く。
秋の花、トリカブト
0015_20221004223536d0a.jpg

前回は大マテイから ここに降りてきた
0016_202210042235389cc.jpg

ヌタ場で帰りに降りる道を見送り、鶴寝山へ巨樹の道経由で進む。
栗を拾いながら((笑)
0017_20221004223539a44.jpg

この道を前回通ったのは、雪のある時だったので落葉していたが 今回は巨樹がまだ葉をつけているので雰囲気が違う
0018_20221004223541fa0.jpg

鶴寝山到着
0019_2022100422354287c.jpg

前回来たときは、冬だったので 雪の付いた富士山がなかなか素晴らしかった記憶だが 雪が無いのでちょっと物足りない富士山だった。
(冬に来たとき)
0020_20221004223544972.jpg

右から 普通に落ちていた栗、ブナの実、山栗
0021_20221004223546a3d.jpg

ヌタ場に戻り、小菅の湯方面に下る
0022_20221004223549424.jpg

トチの大木と5年ぶりの再会
Bとの対比で、大きさがわかるでしょ?
0023_20221004223550831.jpg

中に空洞があるのに、まだまだ元気そうだ
0024_20221004223554986.jpg

この後、ワサビ田の残骸の横を通って道の駅に戻りました。

タイム:道の駅6:55-8:00~8:20-大ダワ9:20~10:10-鶴寝山11:10~11:35-ヌタ場12:00-12:40~12:50-道の駅13:30

5年前に牛の寝に行ったのは 落葉後だったので、今回の印象とかなり違っていましたね。
新緑、紅葉時期にまた来てみたいものです。なにしろ、道が大変良いのと 尾根に乗ってしまえばアップダウンの少ない膝に優しい道です。
尾根上のいたるところに栗が落ちているので、拾うのも楽しいですね。転んだら大変だけど。
キノコ採りの人が 何人もいました。
木々の植生が良く、それほど多くの人が来ていないので お気に入り登録してもよいかも。
今回も、時間が無いので温泉は無しとしました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

山梨 | 23:38:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する