fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
145位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

高松岳(泥湯からピストン)
4年ぶりの頂上

2022年10月28日(金)

昨年、10月最終の週末を連休にしての秋田遠征が 紅葉と大好きな秋田ゴールドというリンゴをゲットするのにちょうどよかったので、今年も同時期に遠征計画をたてた。
ところが日程が近づくにつれ、秋田の天気予報が思わしくない。
出来るだけ宮城に近い地域かつ金曜なら何とかなりそうな予報。
4年前に、山伏岳から高松岳までピストンしているので今回は泥湯から高松岳までピストンして泥湯三山を繋げる事にした。
0001_2022110122215112e.jpg



4年前のお盆休みに、林道崩壊のため登れなくなってしまった虎毛山から転進して高松岳まで行った時も 最初この泥湯の駐車場まで来たのだが、アブが沢山いたためすぐさま退去して 山伏岳登山口から登った。
もちろん、アブもいないし 平日のため工事関係者の車しかいなかった。
0002_202211012221540d6.jpg

登山ポストに計画書を投函して出発
0003_202211012221557a7.jpg

トラバース基調の道だが、さっそくブナのお出まし。
例の熊の動画を見たので、今回はいつもは沢でしか使わないパフパフラッパも動員して にぎやかに進む
0004_202211012221569dd.jpg

0005_202211012221585e5.jpg

0006_202211012221597ee.jpg

新湯の看板があり、前方から湯気が上がっているのが見え、温泉の匂いもする
0007_2022110122220030d.jpg

時折歩きにくいトラバース系の道を進んでいくと 高松岳の稜線が見えてくる。
一番右の高松岳のもっこりの上に 小屋が見えた
0008_20221101222202426.jpg

ちょっとしたザラついた登りを越える
0009_20221101222204e7e.jpg

小安岳分岐
0010_2022110122220572b.jpg

分岐から戻るように小安岳に一登り
0011_20221101222207869.jpg

小安岳頂上で一休み
0012_20221101222208adf.jpg

栗駒山方面
0038_202211012254482bf.jpg

焼石方面
0039_2022110122545190b.jpg

鳥海山は雲がかかってしまっていた。残念
0013_20221101222209a2c.jpg

山伏岳からこれから行く高松岳方面
0014_202211012222122bb.jpg

これから行く稜線の向こうに、9月に行った虎毛山が見える。
虎毛山は、頂上に避難小屋のポチがついているので目印になる
0015_20221101222456acb.jpg

山伏岳から高松岳へのルートと違って、こちら側から高松岳へのルートは 稜線漫歩でとても気持ちが良い
0016_2022110122245865e.jpg

9月の時は 虎毛山から高松岳を見ていたが、今回はこちらから虎毛山を見る番
0017_202211012225008e5.jpg

小安岳を振り返ると、ピークというより稜線の一部にしか見えないな
0018_202211012225016dd.jpg

高松岳も避難小屋のポチが目印になるな
0019_20221101222503465.jpg

老朽化で建直しするらしい。
4年前に来たときは、日陰が無く兎に角暑くてたまらず小屋の中で涼んだが、今回は素通りしましたよ
0020_20221101222503b81.jpg

小屋から5分ほど先の高松岳山頂で休憩
0021_20221101222505feb.jpg

右手の山伏岳へつながる屏風尾根。
雪が付いていたらかなりカッコ良さそう
0022_2022110122250608c.jpg

ポチの付いた虎毛山をズーム
0023_20221101222508c86.jpg

パノラマ写真(クリックしてね!)虎毛山方面
0024_2022110122250995a.jpg

パノラマ写真(クリックしてね!)神室方面から山伏岳
0025_20221101222511e58.jpg

パノラマ写真(クリックしてね!)避難小屋方面
0026_20221101222512cb4.jpg

パノラマ写真(クリックしてね!)栗駒山方面
0027_20221101222514fa9.jpg

30分ほどのランチタイム。
我々にしては短い休憩ですが、そろそろ下山しましょう。
0028_202211012225157ce.jpg

0029_202211012225176f0.jpg

栗駒山方面を見ながらの稜線漫歩
0030_2022110122280751e.jpg

高松岳方面を振り返ると、いつのまにか黒い雲が広がっていた
0031_202211012228090d0.jpg

標高を下げてくると 紅葉に突入する
0032_202211012228111a1.jpg

0033_20221101222812b1d.jpg

新湯の煙が見えてきた
0034_20221101222814682.jpg

0035_2022110122281593a.jpg

0036_20221101222816779.jpg

0037_20221101222818922.jpg

タイム:泥湯駐車場8:35-9:28~9:38-小安岳10:40~11:00-高松岳12:00~12:30ー小安岳分岐13:20~13:25-14:10~14:20-泥湯駐車場14:55

平日だったのもあり、誰にも会いませんでしたよ。
思っていたより好天で、素晴らしい展望を得ることができました。
それにしても、夜行運転で仮眠で登山って この年になるとキツイなあ。
若いころは、眠いなぁってだけでテント持って登ってたけど、今回は空身登山だというのにとても足が重くてしんどかったです。

今年の秋田の紅葉は、山では早めに進んで 町では遅めの進み具合という感じでした。
ほんの少し残念な感じだったかな。
それでもやはり秋田の紅葉、黄葉は素敵です。
もっと近ければ、毎週行っちゃうんだけどな・・・秋田。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

秋田 | 23:38:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する