FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
282位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

男体山~坊主岩・鷹取岩(奥久慈)
コロコロ変わるお天気の中で・・・

天気予報だと、北の方は寒波に見舞われ 晴天が期待できないそうな。
ハイクとしてはちょっと遠出になるけど、鎖場なんかがあって ちょっとおもしろいかも、という事で初めて奥久慈方面に行ってみる事に。

朝日に照らされる 男体山。頂上のアンテナが見える。
1_20130127232957.jpg



大円地の駐車場には、一番乗りだった。ここには、トイレもある。
2_20130127232957.jpg

お蕎麦屋さん方面に林道を入るとすぐに登山口だ。8時に出発する。
3_20130127232956.jpg

歩きはじめは、非常に寒い。すぐに、健脚者コースとの分岐がある。もちろん、健脚者コースに行く。
4_20130127232956.jpg

林の中を登って行く。左側の尾根に上がる手前に 割れた赤いヘルメットが標識の上に置いてあった。
女性の名前とAB型RH+って書いてあったが 一体どうしたのでしょう??何故ここに??
鎖場が出てきて ちょっとしたルンゼ状を上がると 左側に展望の良さそうなところがあった。
5_20130127232955.jpg

下を覗いてみると、登り口のお蕎麦屋さんが見えた。
6_20130127232955.jpg

遠くの方
7_20130127233033.jpg

山頂が、近くに見える。
8_20130127233033.jpg

山頂右下に見える穴。これって、天然?人工?
9_20130127233032.jpg

しばらく鎖場が続く。霜が降りてたり凍ってたりして岩が時たま滑るので気を抜けない。
10_20130127233032.jpg

袋田の滝方面からの縦走路と合流するところの東屋。落書きが沢山かいてある。ここから雪が出てきた。
11_20130127233031.jpg

P1040643.jpg


5分も登ると頂上だ。よくも、こんな崖っぷちに建てたものだと感心する。温度計はマイナス3度を指していた。
思ったより寒くない。
12_20130127233031.jpg

頂上のアンテナ。向こうの方から 雪雲が迫って来ている。
13_20130127233115.jpg

お約束の頂上の看板
22.jpg


日立方面だろうか?海が光って見えた。
14_20130127233115.jpg

雪雲に追いつかれちゃうね~などと言いながら 雪や泥で滑りやすい道を下って行く。
振り返ってみる山頂。写真ではわかりずらいが とうとう雪が降ってきました。
たちまち、遠くの景色が見えなくなる。
15_20130127233114.jpg

大円地越では、中高年のグループに会った。ここからちょっとしたアップダウンをして、途中554Mピーク(櫛が峰)に寄ってみる。この頃には、雪も止んで また青空が広がっている。しばらくのんびり。
16_20130127233114.jpg

正面の崖の縁に これから行く道が付いている。
17_20130127233113.jpg

崖の縁に道が付いているが 木や草が生えていて、高度感を感じる場所はほとんどない。
が、落ちたら洒落にならないので 雪のある崖っぷちは慎重に歩いた。
途中、小草越の標識を越え 木の間越しに男体山頂を望んだりしていると 460Mの四等三角点がある。
18_20130127233113.jpg

ここを下ったところが、下山の分岐だ。ここから坊主岩が望める。
19_20130127233139.jpg

分岐からひと登りで坊主岩。坊主岩からの鷹取岩。直下の崩れた岩は どうなっているんだろう?
どこか、下の方に転がっているのかな?
20_20130127233139.jpg

鷹取岩へは坊主岩から、一旦下り 鎖場を登る。ここの鎖場は凍っていたので慎重に行った。
鷹取岩の上には 先程見えた崩れた場所に入らないよう ピンクのテープが張ってあった。
坊主岩の向こうには男体山頂も見える。(クリックすると、写真の右側の方も見えまっせ!)
21_20130127233138.jpg

P1040656.jpg


この頃には、またもや雲が広がっていた。一休みして 先程の分岐から下山する。
さっき歩いていた崖のちょうど下な訳ですね。
石ころがコンクリートに埋まっているような感じの岩壁は、何となく妙義にも似ているような気もするな。

この下山道、最後の方は過日の雪で倒れたのか 倒木が沢山あるところを跨ぎながらでした。
朝、駐車場からお蕎麦屋さんへの林道に入ったところあたりに出ましたが、そこには何も標識はなかったです。
駐車場に戻ると、地元ナンバーの車が一杯止まっていた。
ここも、先週に引き続き 地元の方の憩いの山なんでしょうね~


タイム:駐車場8:00-男体山頂9:30-櫛が峰10:30-鷹取岩11:55-駐車場12:50

(タイムは到着時間です)

※初めて行ったエリアですが、鎖場なんかもあり 低山の割に面白い所でしたね。この周辺は、こんな感じの岩っぽいところがあるようで ちょっと遠いけど、また来て良いかも・・・


男体山jpeg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

茨城 | 00:40:09 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
思わず笑ってしまいました
坊主岩はモアイ像みたいでユニークですね
眉毛と目が有り、鼻筋が通っているように見えますよ

茨城にも良い山があるんですね
2013-01-28 月 11:09:39 | URL | 爺親 [編集]
男体山?日光?と錯覚しました
奥久慈 千葉からは近いワン
一般コースは鎖場がないのでしょうか?

あんなに寒かったのにお出かけ!
素晴らしい!!!
2013-01-28 月 19:31:25 | URL | ショコラ [編集]
爺親サマ
奥久慈周辺は、岩っぽいところがあるコースがあるようです。私も、初めて訪れたのですが。
標高は低くても、周りに高い山が無いので 展望も良いですよ。
2013-01-28 月 22:10:34 | URL | てくてくA [編集]
ショコラさま
袋田の滝の近くです。一般コースは行って無いのでわからないけど、鎖は無いのかも。
ちょっと遠いけれど、なかなか楽しいところでした。
いえいえ、歩いていると、すぐに暑くなっちゃうんですよ!脂肪が多いもんで・・・
2013-01-28 月 22:18:56 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ