fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

相馬山(榛名山)・スルス岩
宗教的な色合いの濃い山

2022年12月3日(土)

Bの膝の様子見もかねて、今回も軽いハイクと温泉としましたよ。
榛名山の外輪山の一つの相馬山は、Bは登ったことがあったがAは初めて。
天気が良さそうだし、展望も良さそうなので行ってみましょう。
0001_20221205221031603.jpg



松之沢グランド駐車場から出発。目の前には 榛名富士がまさに富士山の形で綺麗に見える。
トイレは冬季閉鎖中とのことで使えない。
0002_202212052210333e0.jpg

ゆうすげの道からの歩き出し。それなりの季節になると 花が綺麗なようだ。
0003_20221205221034f0b.jpg

これから登る相馬山の頭は 霧氷で白くなっている。冷え込んだんですな。歩いていて、結構寒いもんね。
0004_20221205221037c3b.jpg

花の無い枯草の中を行く
0005_20221205221037b52.jpg

スルス峠には、東屋がありますよ。
スルスって、「印」がなまっているのかと思ったら、臼のことなんですな。スルス岩が臼みたいな形だからね。
0006_202212052210391f4.jpg

確かに、臼みたいな形ですね。スルス岩。
0007_20221205221040f4b.jpg

階段の始まり
0008_20221205221041ab4.jpg

鳥居のお出まし
0009_20221205221225a07.jpg

古い細長い形の鎖の先に 長いハシゴが登場
0010_202212052212275ff.jpg

またその先には、手すり付きのハシゴが登場
0011_202212052212295ee.jpg

またまた鳥居の登場
0012_202212052212324ad.jpg

短いハシゴ
0013_20221205221232094.jpg

下から見えた白かった所ね。霧氷帯。日を浴びて 溶けた霧氷がパラパラと落ちてくる中を歩きます。
0014_20221205221233c78.jpg

冬枯れの落ち葉の中
0015_20221205221351093.jpg

またまた鳥居
0016_20221205221353424.jpg

相馬山山頂到着
0017_2022120522135581c.jpg

山頂には黒髪山神社。なんだか頭髪にご利益がありそう(笑)
0026_20221205223524609.jpg

山頂からは 前橋方面が広がっているのだが 晴れているものの水蒸気が多いのか遠望が全くきかなかった。

Bがロールキャベツうどんをふるまってくれた。
双眼鏡であちこち見てみたが、県庁の庁舎がなんとなくわかる程度だった。
とは言っても、なんだかんだと1時間も滞在してしまいましたけど。
0018_2022120522135629f.jpg

来た道を戻り、スルス岩に寄ってみましょう。
0019_20221205221359c2d.jpg

ハシゴを登って
0020_20221205221359f99.jpg

仏像のある岩の上
0021_2022120522140091d.jpg

湖畔の道路はメロディーラインになっているので 時折車が通ると、ちょっと調子はずれな「静かな湖畔の森の影から~」と音が聞こえてくる。
0022_2022120522140201b.jpg

浅間山が顔を出していた。先週は真っ白だったのに、だいぶ溶けちゃったみたい。
0023_20221205221403e81.jpg

スルス岩基部の行人洞というとこにも寄ってみましょう
0024_202212052214052e0.jpg

岩穴の中に、仏像が安置されていた。誰かがお供えしたミカンが 妙にオレンジ色に光っていた
0025_20221205221406eca.jpg

タイム:駐車場8:45-相馬山9:45~10:50-スルス岩ー駐車場12:15

帰りは、倉淵方面へ下り Aが推しの相間川温泉へ寄りました。
非常に温泉成分の濃い素晴らしいお湯なので、ぜひともBに体験して欲しくて今回初めてBを連れて行きましたよ。
期待通り、Bも大満足してくれました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 22:57:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する