fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

黒山三滝~関八州見晴らしグルリップ
久々に奥武蔵ハイク

2022年12月10日(土)

Bの膝の調子がイマイチなので、負担の少ない急坂の無いところを考える。
面白味にかけるのは承知の上、久々に奥武蔵野ハイキングに行きましたよ。

奥武蔵は遠くないので行きやすいのだが、道路歩きがどうしても多くなってしまうので あまり行く機会がない。
逆に、膝の調子が悪い時には 段差が無い道路を歩けるという利点が有る訳なので それを使うという事にした。
0000_20221212215034fe7.jpg



8年ぶりに 黒山三滝の駐車場に停める。
Bは、この辺を歩いた事が無いという事なので まずは、心霊現象でも有名な(本当なのかね??) 顔振峠に行ってみますか。
0001_2022121221503658b.jpg

顔振峠方面への車道を歩いていくと すぐに渋沢平九郎終焉の地
以前来たときは、彼の事を全く知らなかったので気が付かなかったが 昨年の大河ドラマでしったので手を合わせる。
0002_20221212215037bc9.jpg

しばらく車道を上がっていってしまって、行き過ぎたことに気が付いて戻ると 顔振峠への標識があった。
どなたかの家に入る道に見えていたので見落としていたな。
0003_2022121221503920a.jpg

面白味の無い植林帯の中をずっと歩いて行って 顔振峠に到着。
0004_202212122150427f1.jpg

景色も広がり 日も当たり気持ちが良い
0005_20221212215043ff8.jpg

景色もよく暖かいので ここでしばらく休憩。
この後、写真の茶屋の横に写っている 秋田犬のまりもちゃんを撫でまわして 散歩させているおばちゃんとしばしおしゃべり。
0006_20221212215044df9.jpg

綺麗に紅葉しているのはこれくらいだったかな
0007_20221212215219ec8.jpg

ところどころ道路を縫うように登山道もあったが、膝への負担がすくなそうな道路歩きを選択。
傘杉峠
0008_202212122152229a7.jpg

その後もずっと道路歩きをして、この分岐から関八州見晴へ登山道を入った
0009_20221212215222834.jpg

関八州見晴台に到着。たくさんのハイカーが休憩していた。8年ぶりだな。
0010_20221212215224d61.jpg

富士山の頭
0011_20221212215226764.jpg

奥多摩方面や丹沢方面が見えるには見えるのだが・・・・
0012_20221212215228e80.jpg

ボサボサの木が多くて、看板に書いてあるようには見えない。一番右側に武甲山が見えるのが精いっぱい
東側は展望が広がり、双眼鏡を覗くと東京方面の高層ビル群、スカイツリー、横浜のランドマークタワーも見えた。
0013_202212122152283f1.jpg

日当たりの良いところでランチタイムとする。
Bが、今回はツクネうどんをふるまってくれた。

頂上は、日当たりの良い場所がいくらでも広がっているというのに 高齢の女性3人組が到着すると なぜかピッタリと我々の横に陣取り、ランチを始めた。
こういうトナラーの心理って、なんなんだろうな??
0014_20221212215350d60.jpg

帰りは、登山道を花立松ノ峠方面へ向かう。
植林の中は、頂上と大違いで急に寒かった。
峠からは、黒山三滝方面へ
0015_20221212215352634.jpg

しばらくは登山道。
0016_20221212215353771.jpg

林道に出たところに、記憶にあるホースで引かれた水が出ていた。
以前の記録を見ると「日照水」と書いてあったが、その看板は無くなっていた。
そこからは舗装道路を歩いて 黒山三滝に寄ってみた。
0017_202212122153564be.jpg

0018_2022121221535630a.jpg

帰りに、渋沢平九郎のお墓に立ち寄って 手を合わせました。
0019_20221212215358eb9.jpg

タイム:駐車場8:30-顔振峠9:40~10:00-関八州見晴台11:20~12:20-駐車場13:50

さすがに奥武蔵のハイキングコースだけあって、たくさんのハイカーがいました。
登山道を歩かなくても、道路がしっかりしているので心配なく歩けるからかも。
ちなみに、トナラーの女性のリーダー格は この場所の経験者のようだったが地図は持ってきていない と話していた。
まあ、それでも何とかなるんだろうけど。
ハイキング程度とは言え、やはり地図くらいは持った方が良いと思うんだけどな。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

埼玉 | 22:51:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する