fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

(三夜沢)赤城神社~櫃石~ひさし岩(荒山の下)ピストン
今シーズン初の雪上歩行&ラッセル

2023年1月14日(土)

3連休は、コロナの濃厚接触者となってしまったため自宅待機となってしまっていた。
幸い、感染しなくて済んだAにとっては 今年の山始めとなる。
群馬南部がなんとか晴れマークとなったので、どこに行こうかと地形図を見ていると、赤城神社の上部に丸で囲まれたところがあるのを発見。
検索してみると、県史跡の「櫃石」なるものがあるようだ。
そこを見学して、赤城の荒山に行ってみようという事になった。
0001_202301152105363af.jpg



かつて、毎週のように水汲みに来ていたBにとって久々の赤城神社。駐車場に車を置かせていただいて出発。
0002_2023011521053843a.jpg

1年少し前Aが来たときに工事中だった鳥居は 新しくなっていた。
0003_20230115210539326.jpg

まずは、神社前の道を少し下り 横道に入っていく。
0004_20230115210541696.jpg

林道を行くと、櫃石への案内板がでてくる。
0005_20230115210543e2b.jpg

オートキャンプ場の脇を抜けて かつては車が入っていただろう林道を進んでいく。
0006_20230115211310152.jpg

途中、吠えたてる二匹の猟犬と休憩中の二人のハンターを越えなだらかな登りを進んでいくと 櫃石0.65キロの看板。
(帰りは、正面のふみ跡から戻ってきましたよ)
0007_20230115210947a10.jpg

櫃石の登場
なーるほど。この周りのフェンスが地形図の丸いところなのか。
0008_20230115210948d95.jpg

0027_20230115222036f7f.jpg

古代の祭祀の場だったらしい
0009_20230115210949470.jpg

荒山への登山道へ合流すべく、適当に林の中を進んでいく。ちらほら雪が出てきた。
0010_20230115210950722.jpg

ふみ跡と合流してしばらくすると 赤城温泉からの道の看板。
どうやら、赤城温泉から荒山までの道は関東ふれあいの道となっているようだ。
赤城神社からの道は、通常の登山コースとして設定されていないのかな。
0011_2023011521143121a.jpg

次第に雪が増えてくる。
本格的な冬山では無いとのことで、今日は夏靴にスパッツプラスチェーンスパイク。
0012_20230115211432afe.jpg

尾根を回り込むように、道は左に曲がる
0013_20230115211434272.jpg

荒山高原分岐の看板から、荒山方面へ登りが始まる。
ここまでは、比較的なだらかな傾斜だった。
0015_20230115211437bca.jpg

雪に埋もれた階段から始まる。ここから、やっとそこそこの急登となってくる。
0016_20230115211439837.jpg

ふみ跡も無いので、プチラッセルとなる。
ゼーゼーしながら、ゆっくりと登っていく。
0017_20230115211440c0c.jpg

途中、やっと初めて視界が開けるところがあった。
0018_2023011521144383f.jpg

だーれの足跡も無い雪の中をゼーゼー登って、やっと休息舎のところに出た。
0019_20230115211443825.jpg

ここからは、ふみ跡バッチリの高速道路。とはいっても、走るのはノロノロ車だけど。
0020_20230115211445619.jpg

ひさし岩に到着。
曇っているが、そこそこ平野は良く見える。
今日は、気温が割と高い。ここにj来るまでに汗びっしょり。帽子も手袋も要らないくらいだった。
0021_20230115211446a7a.jpg

双眼鏡を覗くと、岩船山のキレットも見えた。
0022_202301152116555b0.jpg

長七郎や地蔵岳もよく見えた
0023_20230115211657474.jpg

さて、今日の目的(?)である 新年会としてのレモン麹鍋をBが作ってくれた。
鍋の具材は、こんな感じですよ。
0024_20230115211700471.jpg

酸味が効いて、なかなか美味しかったです。
汗びっしょりかいてしまっていたので、汁を飲み干してしまいましたよ。
0025_20230115211700cf8.jpg

荒山に行っても展望は無いので、ひさし岩で展望を楽しんで下山しましたよ。
帰りは櫃石には経由せず、採石場(?)の縁の道を通って帰りました。
0026_20230115211701af1.jpg

タイム:赤城神社8:20-櫃岩9:15~9:30-10:25~10:40-ひさし岩11:55~12:55-13:45~13:55-赤城神社15:00

赤城神社から休息舎まではマイナールートだろうから 誰にも会わないのは予想通りでしたが、その後ひさし岩に1時間いたのに、結局誰にも会わないのにはビックリしました。
今回は、櫃岩の下で 史跡女(っていう言葉あるの??)に一人会っただけで 登山中は とうとう誰にも会いませんでした。
まあ、てくてく好みという事ですね。

下山後、赤城神社にお参りをして 久々に御神水をいただきました。

粕川温泉元気ランドで 汗を流してから帰りましたよ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬(雪) | 22:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する