fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
172位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

三国山
久しぶりに白い山並みを眺める

2023年3月12日(日)

本当は先週ここに来る予定だったのだが、当日の夜中にAに突発的なアクシデント発生のためドタキャンとなってしまった。
仕切り直しでの実行となった。
積雪期の三国山は三度目だが、今回は ネット記録をみるとここ最近の定番ルートとなっている尾根伝いの冬季ルートをたどることにした。
0001_20230313224844adc.jpg



駐車場には、すでに数台の車が停まっていて 支度をしているとさらに到着する車が数台いた。
国道をトンネル方面に少し進んだところにあるコンクリの切れているところが登山口となる。
0002_20230313224847d4a.jpg

地形図上の登山道をなぞるように だいぶ雪解けがすすみ地面が出ている道をすすむ
歩いていると暑くなり、上着を脱ぎ腕をまくる。
まだ3月半ばだというのに・・・
0003_20230313224850c4b.jpg

三国峠への分岐の看板
この先は冬季限定の尾根ルートとなる
0004_2023031322485001b.jpg

うっかりワカンを忘れてきてしまっていたが、たくさん人が来ているようで それほど潜る事も無く歩ける
0005_202303132248534b7.jpg

地形図上の1545のこぶのある尾根の肩にもうすぐ乗る
0025_20230313232144825.jpg

尾根からは方向を左に変え、三国山から東に張り出す尾根に乗る方向へすすむ
0006_2023031322485370b.jpg

やっと視界がひらける
0007_20230313224856f66.jpg

三国山頂への尾根に乗る。
0008_20230313224855aa1.jpg

西の方の視界が開け 雪の回廊を気持ちよく進む
0009_202303132248585ae.jpg

雪の回廊の少し先が山頂かな
0010_202303132248583f0.jpg

三国山の看板
頭が出ていた
0011_202303132248593b7.jpg

来た道を振り返る
以前来た時は、二回とも三国峠経由だったのだが その頃は今回来た方面からのトレースは全くなかった。
今回のこのルートは、最近流行り始めたのだろうか?
0012_20230313224901a0a.jpg

三国山山頂は北側の眺望が悪いので、少し先に進むことにする。
三国峠からの道の標識。雪が切れていた
0013_202303132249040d3.jpg

山頂から3分ほど歩くと 絶好の展望台広場があった。
ここでランチタイムとしましょう!
平標山から仙ノ倉の稜線が広がる
0014_20230313225139b26.jpg

万太郎~谷川本峰方面
0015_20230313225142587.jpg

Bが雪面を掘り下げてくれて、マットを敷いて腰掛ける
こんな景色を見ながらのランチタイムなんて最高ですなあ!
ぽかぽか日を浴び、すっかり汗をかいていたので テルモスの飲み物よりダカラちゃんの方が断然良かったです
0016_20230313225142186.jpg

パノラマ写真です(クリックしてね)平標山~谷川方面
0017_20230313225145eef.jpg

パノラマ写真です(クリックしてね)西側の白砂山~苗場山方面
0018_202303132251454f3.jpg

双眼鏡を取り出してみると、平標山を登っている登山者の列が見えた
0019_20230313225148cf7.jpg

仙ノ倉へ向けて歩いている人もいるようだった
手前は、三角山から大源太山。ここも二回行ったな。
0020_20230313225151ad4.jpg

万太郎 
0021_202303132251517cb.jpg

川棚の頭の向こうに、谷川の頂上直下の あの風見鶏のような方向版の鉄塔が見え、登山者も見えた
0022_20230313225154bec.jpg

一番奥のトンガリは、白砂山かな?
0023_20230313225154ae3.jpg

50分ほどのんびりしていると、やや風が出てきた。
素晴らしい景色を心に焼き付けて、来た道を戻りましたよ。
0024_20230313225156b01.jpg

下りはところどころ踏み抜いて歩きにくかったです。

前回の赤城で20年ぶりに買った冬靴AKU.に初乗り。
なかなか調子が良く、今回はアイゼンを試せるかな?と思っていたけど 結局アイゼンもピッケルもお守りでお出ましはありませんでした。

タイム:駐車場8:00-8:50~5:55-三国山10:00-展望地10:03~10:55-11:40~11:50-駐車場12:10

三国山は、二時間くらい登っただけであの展望を得られるから人気でてきたのかも。
以前来た時なんて、ほぼ誰にも会わなかったのに 今回はかなりの人に会いましたよ。

それにしても、3月半ばだというのにこの気温の高さ。
雪解け具合が10~20年前より ひと月は速まっている感じ。
残雪期の山を楽しむ期間が ほんのちょっとだけになってしまうのかな。悲しいですね。

すっかり汗をかいてしまったので、今回は初めて「遊神館」という町営温泉に寄ってみました。
JAF割で480円でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬(雪) | 00:06:58 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
お近くの山でしたね。
同日、手前の山・小出俣山の肩でゆっくり休んでいました。三国山なら登頂できたかも?4月の山の陽気でしたね。この山は、以前てくてくさんとニアミスしたことを思い出します。ヤマレコの新ルート、なりほど、面白そうですね、来年あたり歩いてみたくなりました。
2023-03-14 火 19:06:34 | URL | テントミータカことmikagemori [編集]
Re: お近くの山でしたね。
mikagemori 様

ほんと、春の陽気でしたね!
mikagemori様の行かれていた小出俣、行きたいです。
我々の足では日帰りできるんだろうか??ですが。
昨今の雪解けの速さで、行かれる時期が非常に短くなってタイミングが合いません。冬靴で林道歩きたくない・・・とかの我儘で(笑)

三国山のこのルート、一番短時間で登れますね。
すっかり人気の山になっていて驚きました。
2023-03-15 水 10:55:26 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する