fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

家向山(窓明山敗退)
青と白と忘れ物大魔王

2023年4月1日(土)

週末は天気が良さそうなので、どこに行こうかと思案。
今年の雪解けの異様な速さのため、少し足を延ばさないと雪の上は歩けそうもない。
久しぶりに前夜発をして雪の残っていそうな南会津へ行くことにした。
以前、秋に三岩岳から窓明山をグルリップしたことがあったが もちろん、我々の鈍足で雪の時期それは不可能なので ピストンで窓明山まで行かれれば良いねえ、という事です。
0001_20230404222330ea0.jpg



田島の道の駅の車中泊は、なかなか寒かった。
登山口に到着すると、すでにたくさんの車が。そんなに登山者来るところだったのかな??
支度をしていると、Bが登山靴の中敷きを忘れた!との事。う~ん、嫌な予感。
0002_202304042223333f2.jpg

前回降りてきた 窓明山登山口から登りだす。
やっぱ、雪はありませんでしたよ。
0003_20230404222335956.jpg

冬靴で 雪の全く無い急な登り。
すっかり汗をかいてしまう。
0026_20230404224531771.jpg

50分ほど雪の無い登山道を登って、やっと雪の上を歩くようになる。
0004_202304042223357f3.jpg

ブナの尾根を登っていく
0005_20230404222338fe5.jpg

木々の間から、三岩岳方面が見える
0006_20230404222341f57.jpg

途中、スキーを履いた先行者と前後する。
0007_20230404222349924.jpg

ゼイゼイいいながら、ひたすら登りますよ。
0008_202304042223464d5.jpg

下から雪庇っぽいのが見えてたので、あそこが肩か?と思ったら違っていた(汗)まだ先があります
0009_20230404222348524.jpg

真っ青な空を見て、真っ白な雪面を登る。いいね~!あともう少しね
0010_20230404222348ade.jpg

家向山の肩に乗る。ここで一休み。
0011_202304042223514d4.jpg

みなさん、ここで休憩ですね。
三岩岳もよく見える。大汗かいていたので ダカラちゃんがとっても美味しい。
0012_20230404222351a10.jpg

さて、窓明山方面に進みましょう
0013_20230404222354fce.jpg

コルに向かって降りて行き始めたのだが・・・・・
ここでBが、中敷きの無い靴により 足が擦れて痛いとのこと。
0014_20230404222635303.jpg

って事で、コルに降りる途中で 今回はここまでという事にしましたよ。
そうと決まれば、雪を少し掘って腰を据えて景色を堪能~
カップ麺のランチとしましょう。
0015_202304042226385bd.jpg

歳をとったのと鈍足のせいで 我々はピークハントに全くこだわりがなくなってしまった。
三岩岳や窓明山を真正面に見ながらのんびりできるなんて、もうそれだけで満足ってもんですな。
0016_202304042226387a8.jpg

時折風が吹くものの、結構暖かく 双眼鏡を取り出して、窓明山に向かっている先行者やスキーヤーを眺めていましたよ
0017_202304042226417fc.jpg

三岩岳から窓明山のパノラマ(クリックしてね)
0018_2023040422264173b.jpg

こんな素晴らしい景色をみながら なんと1時間半もまったりしていました。
さあ、腰をあげましょう
0019_20230404222644fdb.jpg

家向山の肩から 田代山の平らな山頂が見える
0020_2023040422264748c.jpg

0021_202304042226470b1.jpg

家向山の1526ピークへ向かいましょう。ここは冬季限定なのかな?
0022_202304042226500dc.jpg

看板等は一切ありませんでしたが、たぶんここがピーク
0023_202304042226501e0.jpg

奥の方に白い嶺が見えたのだが、地形図見ると御神楽のほうなのかな??
0024_20230404222653116.jpg

のんびりと 来た道を戻りましたよ。
縦走のパーティーと何組かスライドしました。
0025_20230404222653fbf.jpg

タイム:保太橋登山口駐車地7:25-8:25~8:35-家向山の肩10:05~10:20-展望地10:30~12:00-家向山12:25~12:30-肩12:40~13:00-巽沢山13:45~13:55-駐車地14:40

当初の予定の窓明山まで行かれませんでしたが、真っ青な空と白い雪を堪能できたので良しとしましょう。
思いのほか多くの人が来ていたのでびっくり。
ほとんどの人は、縦走なんですね。
窓明の湯に寄りましたよ。HPは450円となっているけど600円です。更新してないのかな?
また、ロッカーは200円入れて100円しか戻らないというタイプです。
ノンアルビールで乾杯していたら、おばちゃんがおつまみを差し入れてくれましたよ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

福島(雪) | 23:53:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する