fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
72位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

花渕山
スキー場の廃墟と素敵なブナ林が混在する山

2023年5月3日(水)

GWには東北遠征が定番となって もう何年たつだろう。
歳のせいか、長距離運転後の仮眠程度で高い山に登るのは困難になってきている。
秋田に行く際に良く通る108号を鳴子に向かって走っていると、頂上付近に反射板の付いた山が目に付く。
なんとなくスキー場っぽい斜面も見える。
調べてみると、花渕山という山らしい。それほどきつくなさそうなので どんなところなのか行ってみることにしましたよ。
0001_202305082218006ee.jpg



108号と別れて、鳴子峡方面へトンネルを抜けたすぐの駐車場に停めて通りを渡って出発。
0002_20230508221802d21.jpg

すぐに右手に入口の看板があり、階段を登っていく
0003_20230508221805749.jpg

スキー場だった頃のトイレのある広場を進むと登山口
0004_202305082218057cd.jpg

なかなか気持ちの良い新緑の中を進む
0005_20230508221808a2e.jpg

シラネアオイが咲いていた
0006_20230508221808af6.jpg

傾斜が強くなってきて トラロープが出てくる
0007_202305082218098f5.jpg

ツツジに慰められながら、ふくらはぎパンパンになりながら 急傾斜を登る
0008_20230508221811e89.jpg

どうりで!
スキー場時代は「鳴子の壁」というところだったのね!
0009_20230508221814c76.jpg

リフトの残骸が目に入ったりするがしばらく進むと 新緑のブナ林に突入
0010_20230508221814904.jpg

P5030020.jpg

0011_20230508221817d87.jpg

リフトが見えてくると
0013_20230508221820e56.jpg

スキー場のレストハウス「BIKKI」が登場
0014_20230508222104fae.jpg

ゲレンデだったところが広がってますね。
0015_20230508222107962.jpg

鳴子スキーリゾート ゴンドラの山頂駅
0016_2023050822211043b.jpg

20年くらい前に廃業したみたいだが、国体も行われた なかなかのスキー場だったみたい
0017_20230508222110ecc.jpg

ここの広場からは、月山が望める
0018_202305082221128e3.jpg

明るい林の中を進む
0019_20230508222112f7d.jpg

0020_20230508222115777.jpg

写真ではわかりにくいが、左手に雄沼が木々の間から見える
0021_20230508222115069.jpg

木々の間から見えたのは大柴山かな?
0022_202305082221187f9.jpg

食堂かなんかだったのか、廃墟です
0023_20230508222118f55.jpg

カタクリが沢山咲いていて、踏まずに歩くのに気を使いますな
0035_20230508232118ec9.jpg

ゲレンデトップが見えてきた。今回 初めて雪が見えた
0036_20230508232121dea.jpg

反射板。道路から見えてたのはこれなんだな~
0024_20230508222121f9f.jpg

たぶん、このリフトがこのスキー場のトップだったのかな
0025_20230508222121610.jpg

その先にあった標識。
最初ここが山頂かと思ってたら、スマホの位置を確認すると頂上の手前だった。
よく見ると、頂上はこの先と示す矢印が消えてるだけでした((笑)
今日は誰にも会わないかなと思っていたら、カップルがやって来た。
0026_20230508222124c94.jpg

5分ほど先にあった山頂。
ここは、木に囲まれて展望がありませんよ。
先ほどのカップルは、もっと先まで行くそうです。
0027_20230508222124edc.jpg

我々はもっと先まで行く元気は無いのですが、展望を求めてチョイ先の登山道をそれた雪渓のところに降りてランチタイム。
P5030051.jpg


ここから見えた虎毛山。
双眼鏡を出すと 昨年9月に行った、頂上の避難小屋がはっきり確認できた
0028_2023050822242268e.jpg

栗駒山。今日はたくさんの人が来ているんだろうな。
ここで、30分ほど景色を楽しみ 来た道を戻ります。
0029_20230508222425cbb.jpg

ゲレンデトップのリフトのところからは、泉ヶ岳が見える
0030_20230508222427442.jpg

船形山方面
0031_202305082224279e5.jpg

双眼鏡を覗くと、仙台のビル群らしきものも見えた。
0032_2023050822243017c.jpg

帰りも、気持ちの良い木々の中を歩く
0033_202305082224301b9.jpg

綺麗なブナの林は、秋もとても美しいんだろうな。
0034_20230508222433cbc.jpg

タイム:駐車場6:40-7:30~7:45-8:35~8:50-山頂と間違えたところ9:05~9:15-山頂9:20-展望場9:25~10:05-ブナ林11:00~11:15-駐車場11:45

人工物のある山って、基本的に興ざめする事が多いのですが 20年の時が経って廃墟感があるためか あまり不快感は無かったな。それに勝るブナ林の美しさがあったからかもしれませんね。
登山道もとても良いし、木々も綺麗だし、人も少ないし、と三拍子そろって なかなか素晴らしい山でしたね。
こういう所が近場にあると季節を変えてちょくちょく来られるんだけどなあ・・・・
鳴子温泉とか鳴子峡とか 観光地が近くにありながら さすが東北ですね、自然豊かな山でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

宮城 | 23:38:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する