fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
72位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

駒止湿原
忘れ物による転進

2023年6月24日(土)

久しぶりにBが出かけられる事になった。
Bのストレス解放のためにも、久しぶりに足を延ばして4年ぶりの大滝沢に行こうと出発した。
が、途中のサービスエリアで「しまった!沢靴忘れた!」のBの声。

今回は、登山靴も長靴も持っていなかったので 沢靴が無ければ、大滝沢といえども歩けないし 山への転進も不可。
はて、どうしよう?普段履きの靴で行かれるとこ限定という事でしばし考える。
そうだ、今まで素通りしていた駒止湿原に行ってみましょう。
0001_20230627212647732.jpg


P6240007_20230628202732bae.jpg






湿原入口には テントが張ってあり、守る会の方たちが当番を務めているようだ。
協力金100円を払い 湿原の花等が載っているガイドブックを購入。(花の名前を 殆ど覚えないので必需です)
0002_20230627212650058.jpg

湿原の入口。途中まで一方通行だ。
0003_20230627212650dd1.jpg

一方通行に分け入ると最初はブナの美林から始まる。
P6240004_202306282027295ed.jpg




ブナの木々を抜け、大谷地湿原が始まる。早速ニッコウキスゲ
0004_2023062721265396c.jpg

木道を進むとヒオウギアヤメが 咲き誇っている
0005_2023062721265360b.jpg

ヒオウギアヤメ、蘭の花を彷彿させる優雅な花弁です。
P6240014_202306282027383b1.jpg



0006_20230627212656768.jpg

シダの明るいグリーンにレンゲツツジのオレンジが映える
0007_20230627212656bd6.jpg



P6240010.jpg



見たことないような 小さい花だ。
ガイドブックと見比べながら、サワランのようだ。
0008_20230627212659610.jpg

なかなか綺麗な景色
0009_202306272126595fb.jpg

ちょうちん袖のような ウラジロヨウラク
0010_20230627212702ec1.jpg

本来なら ちょうどワタスゲが満開だそうだが、今年は霜にやられて全滅だそうだ。
霜害を免れたものも、このようにぺしゃんこなものしか見当たらなかった。
0011_20230627212705b20.jpg

レンゲツツジ
0012_20230627212705706.jpg

ケナシハクサンシャクナゲ
0013_20230627212707d4a.jpg

白樺谷地を進み
0014_20230627213058048.jpg

水無谷地
0015_2023062721310106f.jpg

途中で会った 守る会の方にトキソウがあるよ!ということで この花がそうだとわかった
0016_20230627213103367.jpg


P6240015.jpg


水無谷地の最終地点でランチタイムをして戻る途中ぶなっこ遊歩道に入る。
0017_202306272131040a8.jpg

ブナ林の中は なかなかの気持ち良さだった
0018_20230627213106f58.jpg

遊歩道は、去年の夏に整備されたようだ。
0019_202306272131066e1.jpg

タイム:9:15~12:00

289号を通る時に、この湿原があるのは知っていたが 今まで一度も来たことが無かった。
今回は、忘れ物により 思いがけず訪れたが、来る人も割と少な目なので 静かな湿原が楽しめました。

日頃から花の観察はあまりせず 綺麗だねーオンリーで、数十年前に花の名前を覚え始めたころから その数が殆ど増えないというタイプなので、今回のようにガイドブック片手に 花の名前を特定したりしたのは 初めてだったかも。

この後、只見へ向かい 今回の目的(?)の大塩温泉で入浴。
思っていた通りの とても素晴らしいお湯でしたよ。ぬるめなので ゆっくり浸かっていられ 体の芯まで温まりましたよ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

福島 | 22:17:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する