fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

筑波山

2023.12.29(金)
山納は観光客のいない筑波山で
PC290005_2023123118490118b.jpg



親の介護を始めてから山らしい山へ足を運べずにいる。
冬期休みに入ったがAが忙しく外出できないので
一人でトレーニングに出かける。


朝9時にいつもの「つくし湖畔」の駐車スペースへ車を入れる。
ハイシーズンならこの時間は満車のスペースだが、今日はちらほらと空きが有った。
PC290001.jpg


今回はお一人様登山なので少し趣向を変えてみた。
ゴールとなる女体山山頂まで比高800mをノンストップで行ってみよう。

Aに触発されて購入したスマートウォッチの
心拍数アラートの上限を150に設定してスタート。
PC290018.jpg
鼓動が150を超えると警告音がなるのでペースを落とせばよい。


前後に登山者がいない静粛の中を歩くと
多数の生き物の気配を感じた。
Aと話しながら歩いているときには決して感じないことだ。

途中の薬王院の境内で本堂に手を合わせてから再び登山道へ入る
PC290019_20231231184922b90.jpg

境内地から望む男体山。
PC290020.jpg



標高430mの林道横断地点まで40分だった。
この先の急傾斜帯の階段はパスしてバイパスに入る。

喘ぎ喘ぎ急坂を上がるとこの時期なのに
顔から大量の汗がしたたり落ちた。
この間、脈は数分間150を超えていた。


傾斜が緩み御幸ヶ原へ至るコースと男体山を直登する二俣までやってきた。
こんな紫色の道標あったっけかな??
PC290002.jpg


右手へ進み外傾した石段を登り、いつもの西の覗き窓へ。
いつもならここで大休止をするのだが、写真だけ撮って先へ進む。
写真に写っている山は宝篋山。
PC290003.jpg


今日は霞みがかかっていて透明度が低い。
正面にうっすらと富士山が見えているのだが…
PC290004.jpg


北側は日光連山が見えている。
PC290006.jpg





その先、岩場を超えれば一踏足で男体山山頂。
社を背にして展望テラスがある。
PC290007_20231231184906e66.jpg



PC290008_20231231184906600.jpg


山頂から70mほど下降して御幸ヶ原へ着いた。
ここはケーブルカーやロープウェイを利用した登山者で人が増える。
PC290009.jpg


北側の真壁集落方向。
PC290010_20231231184909a3c.jpg



PC290004.jpg


加波山方向。
PC290011_20231231184911b0f.jpg


女体山の頂にやってきた。
社を超えると
PC290016_20231231184919be1.jpg


ムムム!
PC290015.jpg


なんじゃこりゃ!!
PC290013_20231231184913e79.jpg


バリケードの理由はこれかっ!?
PC290014_2023123118491609d.jpg
今年の一月に訪れたときには設置してなくて岩棚の上に上がれたのになぁ
どこぞの誰かが墜落でもしたか?

参道を清掃していた男性に聞いたら
正月のみ設置される転落防止柵で
毎年三が日にこの仕様になるのだとか。

ケーブルもロープウェイも大晦日から元旦は深夜営業すると言ってた。
瞬間、物凄い行列を想像しちゃいました。
女体山山頂は霞ケ浦越しに初日の出が拝めますからね。

そして、ここまでのノンストップタイムは1時間55分でした。
(累積標高940m)






御幸ヶ原まで下りてきてランチをした。
一昨年の栃木足利の行道山の山火事以来、ここ筑波でも
火器の取り扱いが一部の狭いエリアを除いて禁止になってしまった。
Aも居ないので仲の茶屋さんで、けんちん蕎麦を注文。
冷え切った胃の腑に温かさが染みわたりました。
PC290017.jpg


2023年は筑波で山始め 筑波で山納とあいなりました。






関連記事
スポンサーサイト



茨城 | 21:28:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する