fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
145位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

棒ノ嶺
山始めも奥武蔵

2024年1月2日(火)

今年の山始めも、遠出が出来ないので近場の奥武蔵です。
棒ノ嶺は、前は棒ノ折山と呼んでいたような。
2006年にBともう一人の三人で白谷沢を遡行(半分水遊び)した時は、ハイライトの滝までで、頂上まで行かなかった。
Aは、2011年のGWにaと頂上まで行ったことがあった。
少し前に、山岳遭難の行方不明者を探す団体の本に、ちょうどこのルート上のゴルジュ部分で道を間違えた話が載っていたので その部分を確認してみたいのもあって 行ってみましたよ。
0001_20240109224044630.jpg



天気もそれほど良くないし、正月2日なので 有間湖畔の駐車場に停められた。
0002_202401092240475c5.jpg

少し戻ったところが登山口
0003_20240109224047be9.jpg

白谷沢を遡行したときは、いったいどこら辺から沢に入ったのか 全く覚えてないねえ・・などと話しているうち最初のにゴルジュに到着
道迷いをしたというのは、ここなのだろうか?
0004_202401092240509d8.jpg

濡れていたり、落ち葉で水面だか地面だかわかりにくいところもあるので 足を置くところに気を遣う
0005_202401092240526dd.jpg

二つ目のゴルジュ
0006_20240109224052232.jpg

その先に、鎖が手すりのように付いている岩場。ここは覚えていた。
0007_2024010922405538b.jpg

白孔雀の滝
たぶん、沢の遡行時は ここが終了点だったのだと思うが ぼんやりと記憶に残っている滝とは全然違っていた
0008_202401092240550f6.jpg

林道に一旦出る
0009_20240109224056d7f.jpg

落ち葉のラッセル
0010_20240109224059dc4.jpg

岩茸石  ここも覚えていた
0011_20240109224059232.jpg

「通らないでください」の階段を登ったところがゴンジリ峠 ベンチあります
0012_2024010922410228d.jpg

溶けた霜柱でぐちゃぐちゃしたところを越えて棒ノ嶺山頂
写真には写らなかったが日光白根の白い頭が見えた
0013_2024010922410569c.jpg

頂上は広い。以前GWに来た時は桜が咲いていた
0014_202401092241036cd.jpg

来た道を戻りますよ。
鎖の手すりの所から下のゴルジュを見ている
岩が濡れていて滑りやすいので、滑らないよう慎重に下った。
歳をとって、バランスが悪くなったせいか 以前はヒョイヒョイ歩いていたところも非常に慎重に歩くようになった。
二度と怪我したくないですからねえ。
0015_2024010922410700f.jpg

タイム:駐車地8:30-棒ノ嶺10:25~10:55ー駐車地12:45

このルートは、関東ふれあいの道のようだが 多少沢の中を歩いたりして滑りやすいのと 案外岩っぽいところがあったりするので、運動靴だったりすると危ないかもしれないな。
実際に道迷い遭難がゴルジュの所であったそうだが、その手前の両側ともかなりの急斜面なのでそこを這うように上がっていってしまったのか?と不思議な気がした。

近場なので、温泉は無しで帰りました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

埼玉 | 23:56:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する