fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

大霧山
こんなに展望が良かったとは!

2024年1月14日(日)

今回も近場の奥武蔵。
今日は天気が良さそうだという事だが、遠出はできないので 先日行った堂平山から見えていた大霧山に久しぶりに行ってみましょう。
この大霧山は、Aは小学生の頃家族と来たのが最初で その後、秩父七峰の大会の時、またa1a2と一緒にの時、Bと秩父七峰を歩いた2008年以来だ。4回来ているが、展望が良かったという記憶があまりないのは、春霞とかだったのかな?
橋場からのピストンという、ちょっと物足りないルートとしました。
0001_202401222306521fd.jpg



橋場のトイレの所に駐車し、粥仁田橋を渡って しばらくは道路歩き。
とても寒くて、思わずネックウォーマーで顔を覆ってしまう程だった。道路のところどころ凍っていた。
0002_20240122230655755.jpg

道路の右手に見落としそうな登山道の入口
0003_20240122230658241.jpg

林の中を歩く
0004_2024012223065820e.jpg

やっと日が当たる場所にでてホッとする
0005_20240122230701e9c.jpg

また道路に飛び出す
0006_20240122230701de6.jpg

左手の細い道に入っていく。これが粥仁田峠への旧道なのかな
0007_20240122230704fee.jpg

歩きやすい道だ
0008_20240122230704dba.jpg

林道にに出るところ。なんとなく、ここの記憶があった
0009_202401222307063e1.jpg

粥仁田峠。ここの東屋で一休み。ここまで車で来ることもできる(帰りに2台車が停まっていた)
ここに来るまで、やっと体も温まっていたが 休んでいると寒くなってくる
0010_20240122230706556.jpg

非常に歩きやすい尾根道
0011_202401222307078c1.jpg

開けた処からは加波山が見えた(たぶん)
0012_20240122230710378.jpg

昨夜降った雪がうっすら残っている
0013_20240122230712370.jpg

大した傾斜もなく、とても歩きやすい
0014_20240122230715fee.jpg

大霧山山頂到着
0015_20240122230715d00.jpg

温度計はマイナス2度だった
0016_20240122231025eb1.jpg

パノラマ写真です(クリックしてね)
0017_20240122231028ed9.jpg

手前の黒っぽいのは 子持山や小野子山。手前の平野には群馬県庁が見える。
奥の白い嶺は谷川をはじめとする国境稜線。
0018_202401222310318e1.jpg

赤城の奥の白いのは上州武尊
0019_20240122231031deb.jpg

白いのは日光白根。男体山等日光方面
0020_20240122231034188.jpg

浅間も真っ白だ
左側のふたコブは御荷鉾山。
御荷鉾山はすぐ下まで道路が来てしまっているせいで大した山でないような気がしてしまうが、こうやってみるととても目立つ良い山だな。
0021_20240122231034c3f.jpg

両神山の左手の奥に赤岳が頭をのぞかせていた
0022_202401222310371b0.jpg

赤城の右奥には燧ケ岳が見えていた。
奥武蔵から燧ケ岳見えるとは思っていなかった!
0023_202401222310368b8.jpg

頂上にはまだ日が当たっていなくて、とても寒かったですよ。
双眼鏡であちこち見ていて飽きないんだけど、寒くて長居はできませんでした。
0024_20240122231037174.jpg

風も無く晴天で 大展望を得られて大満足。
大霧山から こんな景色が見えたのは初めてなので大変良かったですな。
0025_20240122231040678.jpg

寒いとはいえ、30分くらい滞在ののち、来た道を戻りました。
ちょっと歩き足りない感はあったけど、素晴らしい景色を堪能できたから良しとしましょう。




タイム:橋場8:05-粥仁田峠9:00~9:10-大霧山9:45~10:15-橋場11:20

五度目にして初めて素晴らしい景色を見ることができて良かったです。
沢山の人が来てるのかと思ったら、寒かったからか 4人位しか会いませんでしたね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

埼玉 | 00:02:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する