fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
124位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

飯縄山
久しぶりに北アルプスを眺める

2024年2月10日(土)

2月の連休にいくつか案があったが 晴天が望めそうな地域を絞って思案していると、まだ登ったことが無い飯縄山が目に入った。
近年の混雑ぶりを見るにつけ、夏山としてもすっかり足が遠のいてしまった北アルプスを久々に見るのも良いなあ。
頑張って金曜の夜出発して出かけてみましょう。
0001_20240212214945b8d.jpg



高速のS.A.で車中泊をして、一の鳥居駐車場に入る。ここには、綺麗なトイレもある。
人気の山らしく、多くの車が停まっていて 次々と登山者が出発していた。
0002_20240212214948d60.jpg

駐車場の奥に登山道入り口がある。
0003_20240212214950b72.jpg

正面に飯縄山が見える
0004_20240212214951a3b.jpg

一旦道路に出て、しばらく歩くと、登山道入り口の鳥居
0005_202402122149537ec.jpg

南登山道は、参拝道のようで 石の仏像が置かれている
0006_2024021221495452d.jpg

夏道との分岐。ここから尾根通しの冬道が始まる。急な登りの始まり
0007_2024021221495413d.jpg

善光寺平や遠く八ヶ岳方面も見えてきた
風も無く急登もあったせいか暑く、ジャケットを脱いでもかなり汗をかいてしまっていた
0008_202402122149551f3.jpg

久しぶりに北アの白い山並みが見えた
0009_20240212214957f0a.jpg

雲がかかっているが五竜かな?
0010_202402122149585b7.jpg

朝から体調が悪かったのもあり、飯縄神社の鳥居に来るまで結構辛かった
0011_202402122150005e6.jpg

後立方面の山並み、残念ながら雲がかかっちゃっているな
0012_202402122150012dc.jpg

稜線に出たら風が吹いて寒いかも、と思っていたが相変わらずの穏やかさ
山頂にはたくさんの人の姿が見える。
0013_20240212215003905.jpg

ここを登り切れば頂上ですよ
0014_202402122150040cb.jpg

飯縄山山頂
0015_202402122150065e3.jpg

大展望です。
パノラマ写真(クリックしてね)
0016_20240212215304140.jpg

戸隠から高妻、乙妻、火打方面
0017_202402122153062d5.jpg

黒姫の向こうに妙高の頭もみえる
0018_202402122153091ad.jpg

善光寺平や志賀方面
0019_202402122153099ae.jpg

沢山の人が休憩中
0020_2024021221531208f.jpg

正面に八方尾根が見えていたが 唐松や白馬の上には雲がかかっていて残念
0021_20240212215312be0.jpg

戸隠は2回行ったが、もう行くことは無いだろうな
0022_20240212215313eaa.jpg





50分も頂上に滞在して来た道を戻ります。
帰りは、飯縄神社に参拝しました
0023_20240212215316928.jpg

タイム:駐車場8:15-9:10~9:20-10:20~10:30ー山頂11:10~12:00-駒つなぎ12:45~13:10-道路13:30~13:35-駐車場13:50

穏やかな天候で 展望にも恵まれて良かったです。北アの雲が無ければもっと良かったけど、贅沢というものですな。
展望もよく危険個所もないので、多くの登山者が訪れるのは無理も無いですね。
冬道にも、急なところにはロープが付いていて 大変良く整備されていますね。
地元に愛されている山だという事が伝わりました。
沢山の人が歩いているので、アイゼンとストックだけで問題なく歩けましたよ。

下山後のお風呂は、翌日の天候具合で南下することにしたので、長門温泉安らぎの湯で温まりました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

長野(雪) | 22:42:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する