FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

山王峠スノーシューハイク(日光)
ワカンとの違いは どんなもんですかね?

トレースの無い雪面を歩くのに、ワカンが「常識」である我々が、スノーハイクには「スノーシュー」!
というここ最近の流れに ちょっと乗ってみる事にした。
新たにモンベルの「スノーポン」という、何となくふざけた感のある名前のスノーシューを揃え、初めてのスノーシュー体験として お手軽日光に行ってみた。

いろは坂を登る時に見える男体山には、頂上に近い縁のところから 斜めに亀裂のような段差が見えた。
「昨年の九月に来た時に、こんなのあったっけね??」と話す。なんだか、不気味である。

光徳の駐車場は、前日の高温で一旦融けた雪が夜中に凍ったようで、駐車場内は 物凄くバリバリに凍っていた。
1_20130204223323.jpg



今日は、山王峠まで行ってみる予定。取りあえず、スノーシューを付けて林道を行く。
2_20130204223322.jpg

林道が曲がるあたりから、尾根にあがってみる。地形図を見て、しばらく尾根通しに行く。
昨日、気温が高かったため、雪面はモナカ雪だ。
3_20130204223314.jpg

途中から林道に戻り、ジグザグと上がって行く。
木々の間から、男体山が見える。
4_20130204223321.jpg

青い空!白い雪!綺麗な木々!
5_20130204223321.jpg

ジグザグ、ダラダラと歩いているのでだんだん疲れてくるな~
やっと、山王帽子山の登り口を見て 林道から、峠への分岐に出る。風がビュービューだ。
6_20130204223321.jpg

山王峠へは、トレースがしっかりあるが 誰もいない。風は強いが 気持ちが良いですね~
7_20130204223417.jpg

山王峠に到着。さーて、ランチにしますか。すっかりおなかも減ってます。
8_20130204223416.jpg

写真ではわからないけど、かなり風が強かったのです。
とてもじゃないけど、調理するには風が強すぎるので まずは、風除けのブロックを作成しましょう。
う~ん、でも、日光の雪はサラサラなので ブロックが壊れやすいですな。
9_20130204223416.jpg

天井にツェルトを掛けて、これで風も避けられるし暖かいですね。さっそく調理です。
ツクネ入りのお蕎麦です。
10_20130204223415.jpg

結局、ここで2時間近くのんびりしました。
出発前に、弱層テストしてみたら 写真のように、簡単に綺麗にずれましたよ。
11_20130204223415.jpg

下りは、夏道を行ってみましょう。登ってくる人もいましたね。途中の急なところは、スノーシューだと歩きにくいですね。でも、林が綺麗なので とても良い気分。
12_20130204223414.jpg

モナカ雪なので、スノーシューの本領は発揮できていないかも。
13_20130204223440.jpg

最後は、キャンプ場のところに出ました。
真岡市のキャンプ場は、夏季限定なので 今の季節は休業中です。
こんな雪の時にも、牛が放牧されていましたよ。
光徳牧場の売店でアイスを食べて、今回のスノーシュー初体験は終了でした。
14_20130204223439.jpg

今度は、モナカ雪でないところを歩いてみたいな。
ワカンとの違いを実感してみたいと思いました。

(タイム)
駐車場8:15-林道分岐10:45-山王峠10:50~12:40-キャンプ場13:30
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

栃木(雪) | 22:12:25 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
良いですね!スノーシュー
もう少し価格が何とかなれば購入したいところです

アルミワカンとの違いは確認できたのでしょうか?
体積重量等のデメリットもあるから
アルパインでは使うシチュエーションが少ないように感じます
今後の検証のアップを期待しています
2013-02-07 木 06:29:57 | URL | ばってん [編集]
ばってんさん、いらっしゃい!

下りが弱いですね!
新雪ならまだしも
表面が氷化した最中雪では
キックステップが決まりませんでした

傾斜がきつい日本の山岳には向かない気がします
もっとも緩傾斜を選んでコース取りすれば問題ないでしょう

浮力についてはスノーシューに軍配です
リアのオーバーハングが大きい分、抜群の潜り難さがあります

登山の道具としてはやはりワカン
スノーシューは雪上歩きという別カテゴリーで使うと楽しいです
2013-02-07 木 12:02:01 | URL | てくてくB [編集]
てくてくさん こんばんは!!

一つ質問です

弱層テストをやっていますが
今回の結果では雪崩は危惧されたのでしょうか?
雪山は経験が浅く、雪崩のリスクについて興味があります
2013-02-08 金 19:53:08 | URL | kou-chan [編集]
Re: タイトルなし
kou-chanさま ようこそ

今回は雪崩を心配してはいませんでした
しかし弱層がある以上、地形や気温などの作用で
充分起こりうると判断します

私が若かりし頃は、このような方法で雪崩の有無や
危険度を判断して入山するように教わりました

現在はもっと複合的な判断材料を基に危険か危険でないか
を判断するようです

画像で確認できるのは表層の2センチが
前日の気温の緩みでできたものでその下25センチは
それ以前の暖気が入ってきた時にできたものですね

弱層は異なった雪質の境目のことです

またお越しください
2013-02-09 土 07:22:39 | URL | てくてくB [編集]
スノーポンですか。
スノーシュー+クランポンでしょうね。
クランポンが取り外せて単体で使えると言うのはアイデアですね。

・・・78jgまでってのが引っかかりますが・・・。

それに、私と似たような食事をされてますね。
こうやって食べるとたまんないです。

ではまた。
2013-02-19 火 10:32:52 | URL | 目目連 [編集]
目目連サマ
お越し下さり、ありがとうございます。
そうなんです。ふざけた名前だと思ってたら、スノーシュー+クランポン
という事のようですね。
「クランポン」には、どうにも馴染めず「アイゼン」としか言わないので・・・
使用感としては、「クランポン」単体としても、ちょっと甘いかな。です。

目目連サマは、かなり道具に詳しそうですね。
てくてく内ではAよりBの方が、道具についてはうるさいです。
Aは、あるものを使う・・・って感じです(汗)
今後、目目連サマを参考にさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします!
2013-02-20 水 09:21:40 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する