fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
72位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

鳴神山
市民に愛されている山

2024年3月3日(日)

日曜は天気が良さそうなので、仕事より出かける事を優先。
繁忙期のため、疲れがたまっているのもあり 軽めの所がよいな。
今回も、久しぶりシリーズとして鳴神山に行ってみましょう。
20年以上前に、梅田側から登った記憶。細かいところはほぼ覚えていない。

0001_20240306224542417.jpg



駒形の駐車場は すでに満車。道路の隅に停めて出発。
0002_20240306224545463.jpg

沢沿いの樹林帯の中なので、割と寒い。
0003_20240306224547a2c.jpg

植林帯の中、歩きやすい道を行く
0004_202403062245473ed.jpg

水場。なんだ、ここで休めば良かった。日が当たってあたたかいし。
今回もこの手前5分くらいの所で休憩しちゃったじゃないの。
0005_202403062245509b7.jpg

雪が出て来たので、チェーンスパイク装着。
さきほど金網を担いだ一行に会ったが、どうやらこの山を色々整備されている方達のようだ。
どうりで、植物の保護用のネットがあちこちにあるな。花の季節になると、大量に登山者が来るそうだ。
0006_2024030622455087b.jpg

0007_20240306224553894.jpg

雷神岳神社の御神水 の祠があった
0008_2024030622455386a.jpg

蓋を開けてみたが、これ 飲めるんですかね??
0009_20240306224556660.jpg

梅田側からの道とぶつかる縦走路に出た
ここに、何やら愛好家らが作った小屋があった。おそらく、以前来た時には無かったな
0010_20240306224556564.jpg

ちゃんと、狛犬と鳥居があった。この記憶も、全く無いなあ・・・
0011_20240306224559d7f.jpg

一登りで山頂
何となく記憶にあるが、鳥居ってあったっけ??
ベンチもたくさんできていて、日に当たっていると気持ち良い。ランチタイムにしましたよ。
0012_20240306224559e2d.jpg

パノラマ写真です(クリックしてね)
0013_2024030622460020d.jpg

日光方面
白根も、今日は晴れているな。雪も増えたようだ
0014_20240306224603cd9.jpg

袈裟丸、皇海山
0015_2024030622460557e.jpg

上州武尊。たくさんの登山者が来ているんじゃないかな
0016_20240306224920cee.jpg

浅間も、真っ白
ヤツも見えたが、写真にはうまく写りませんでした。
0017_20240306224922471.jpg

さて、腰をあげて先に進むと 仁田山岳という看板があった。
0018_20240306224925c1a.jpg

その先の第一展望台からは、赤城山がドーンと見えますよ。
二三日前に雪が降ったようです。
0019_20240306224925ebd.jpg

雪道の下りは チェーンスパイクだと、イマイチ信頼感が低いので慎重に降りますよ。
0020_20240306224928b8b.jpg

椚田峠
以前来た時は、ここを右手に降りたんだと思うが 今回は左手に降ります。
0021_2024030622492821e.jpg

歩きやすい道をどんどん降りて行くと・・・
0022_2024030622492953f.jpg

林道に出ました。ここが、赤柴登山口というのかな?
0023_20240306224931448.jpg

廃墟となった釣り堀を見ながら道路を下っていくと、途中に腐った(?)軽自動車の残骸があった。ダイハツ車でしたよ。
0024_2024030622493494c.jpg

タイム駐車地:9:20-水場の手前10:00~10:10ー鳴神山10:50~11:25-駐車地12:45

今回もまた、頂上のぼんやりした記憶しか蘇りませんでした。
それにしても、この山は 地元の有志の方達に大変愛されているようですね。
過剰に見えるくらいの植物の保護やら、色々と活動をされているみたいです。
花には詳しくないのですが、時期が来たら色々な花が咲くようですね。

今回は、温泉は無しでした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 23:48:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する