fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
72位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

蓬田岳(平田村)
福島低山 2座目

2024年3月30日(土)

一座目の一盃山から下山し、二座目の蓬田岳の登山口となるジュピアランドひらたへ向かう。
この蓬田岳は、東北百名山にもなっている。
0001_20240412213442bbc.jpg



ジュピアランドの広い駐車場に到着。
非常に強い風が吹き荒れていた。この場所は、ちょうど風の通り道なのかな?
このジュピアランドは 時期になると、芝桜やらツツジや色とりどりの花に咲き誇るらしい。
0002_20240412213445f25.jpg

道路を少し戻ったところに登山口。風が強くて少し寒く感じる
0003_20240412213445465.jpg

遊具を傍らに見てちょっと登ると、鳥居があり ここからちゃんとした山道となる
0004_20240412213448913.jpg

下山する人と数名すれ違いながら針葉樹の道を行く
樹林帯に入ったら、風を感じなくなり上着を抜いだ
0005_20240412213448762.jpg

そこそこ急だったりする
0006_20240412213451258.jpg

大きな岩が点在する針葉樹の中を進んでいく。
もうすぐ尾根に乗りそうだな
0007_20240412213451d26.jpg

明るい尾根に乗り、山頂をめざす
0008_202404122134539b1.jpg

祠があり、山頂と書いてあるが三角点はこの先
0009_202404122134568c7.jpg

三角点のある山頂
0010_20240412213456e6d.jpg

大きな岩に座って双眼鏡を覗く
0011_202404122134595e2.jpg

先ほど登った一盃山は、あれかな?
0012_20240412213459447.jpg







一盃山から見えていたアンテナは、これだったんだな
頂上で30分程休憩。
地元の年配女性二人組から この山の他のルートの話などを聞き 下山はアジサイコースを降りてみましょう。
0013_2024041221350237f.jpg

まずは、先ほど尾根に乗ったところまで戻る
0014_20240412213502219.jpg

尾根に乗ったところをそのまま真っすぐ進んでいく
多少道が細くなってくるが 多くの人が歩いているようでしっかりした道となっていた
0015_20240412213505fd6.jpg

尾根から左手に降りて行く
0016_2024041221375658a.jpg

アジサイ園の所に出る。
このルートは、アジサイの時期は通行止めらしい
0017_2024041221375951a.jpg

何も咲いていないアジサイ園のコンクリの道を歩き、駐車場に戻った
0018_20240412213803ac6.jpg

タイム:駐車場9:15-9:50~9:55-山頂10:20~10:55-駐車場11:45

二座目も 登り1時間程度でしたよ。
下りは、誰にも会いませんでした。

さて、この後 以前から興味があった母畑温泉に寄ってみました。
貧乏てくてく隊なので、日帰り500円で入れる高蔵内源泉 というところに行ってみましたよ。
うち湯のみでしたが、非常にぬるいラドン温泉に長時間浸かって とろけました。

※翌日は 観光しながら帰宅だったのですが、朝からBの体調が非常に悪く ラドン温泉の好転反応かね??
などと言っていたのですが、高熱も伴いBのコロナ感染が判明。
車に同乗していたAにも当然移り 2日後から高熱。やれやれ😥の一週間を送ることになりました(泣)
公費負担が終わった途端の感染という なんというタイミング(泣)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

福島 | 22:21:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する