fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
145位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

三国山(上越国境)
ガスと霧氷だらけ・・・

2013年3月30日(土)

三月最終の週末は、泊まりである場所へ行く予定だったが 日曜の天気ダメそう・・・な~んだ・・・
まあ、しょうがないですね。

ってことで、近くには何度も行っているのに 一度も行った事の無い三国峠と三国山に行く事にした。

IMGP2133B.jpg
写真は、霧氷ですよ


月夜野インターからの17号は、スキーシーズンともなると渋滞したものだったなあ、などと昔話をしつつすっかり交通量の減った道を三国トンネル手前の壊れた扉のトイレ小屋のあるところに駐車し支度する。
なんだか、風はビュービュー吹いているし寒いなあ。
1_20130403222103.jpg

橋を渡ったトンネル入口の右側に登山口がある。ここは、「中部北陸自然歩道」というところらしい。
2_20130403222102.jpg

地形図を確認しながら、谷に降りないようにして林の中を上がって行く。
一応、ワカンを持ってきたが 使う必要は無く、キックステップで大丈夫。
3_20130403222102.jpg

送電線が見えてくる。地形図を見ると、夏道より左にあがっているようだ。
4_20130403222101.jpg

尾根に上がるところには、ちょっとした雪庇っぽいものもあった。
5_20130403222101.jpg

尾根に乗ると、眼下に三国峠の鳥居と社の屋根が見えた。
それにしても、ガスガス・・・・
6_20130403222101.jpg

峠で、ゆっくり休んだ。地図をみると この先急そうですな。
ずっとキックステップも疲れるかも、ということでアイゼンを着ける。
ちょっと上がってから見下ろすも、ガスガスで下の方もよく見えないなあ。
ところどころ木の階段も出てくる
7_20130403222145.jpg

写真だと、平地に見えますが これ、ずっと階段ですから。(白く霞む先も まだまだ階段ですよ)
雪に隠れちゃっているところが多いのでよくわからなかったけど、夏は、峠から山頂までずっと階段なんでしょうか??
霧氷の写真なんぞ撮りながら登る。階段の霜も良く見ると面白いんですよね。
8_20130403222144.jpg

トラバース道との分岐の標識の先をひと登りで、縦走路からちょいと横にそれた 三国山山頂。
三角点のところが、掘り下げてありましたよ。
ちょうど良いので、この中でお昼ごはんの「かま揚げうどん」を作って食べました(写真とるの忘れました。おまけにBは、箸を忘れましたよ)
9_20130403222144.jpg

ちょっとだけ、空が見えてきたりして 一瞬、仙の倉方面が見えました。
10_20130403222143.jpg

頂上付近は、尾根状で いい感じ。(写真をクリックするとわかります)
うっすら日も射してきて気持ち良かったので 頂上に1時間半くらいいました。だーれも来ないし。
暖かくなってきたせいか、霧氷の氷が パラパラ音を立てて落ちていました。
IMGP2152B.jpg

あとは、来た道を降りるだけ。ところどころ、ズボズボ踏み抜くのよね。階段があるから余計にね。
結局、晴れなかったなあ。降りてきたら「マナス1度」じゃん!
上越国境は、まだ冬なんだな~
11_20130403222143.jpg

冷えた体を、猿ケ京温泉の満天の湯に寄って温めた。
ここの温泉は、入っている時はぬるかったが、出てからもポカポカと非常に温まるお湯だった。


タイム:駐車場 8:30-三国峠9:30~9:55-三国山10:50~12:15-駐車場13:30
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

群馬(雪) | 22:50:39 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
 ニアミスでしたね!遅刻の我々は、山頂で雲が晴れ、滝雲が群馬側に落ち込んでいました。
 いつか、どこかの山でお会いできそうですね、そのときはよろしく。
2013-04-05 金 01:39:24 | URL | テントミータカ [編集]
テントミータカ様
お越し下さり、ありがとうございます。
タカさんの写真だと、山が見えていたので もう少し粘れば良かったな~
と思っていたのですよ。
人気の山のすぐ近くに、人に会わない良いところを探せるのも雪の時期ならではですよね。
こちらこそ、よろしくお願いします。
2013-04-05 金 09:54:14 | URL | てくてくA [編集]
冒頭の写真の霧氷の中に春の新芽がしっかりと付いていますね
厳しい自然の中に命の健気さ、したたかさというものを感じました
春は良いですね

また乳白色の空間に消えていく階段は
天国へ続く階段みたいで幻想的です

親父の独り言でした
2013-04-07 日 06:43:40 | URL | 爺親 [編集]
爺親サマ
お越し下さり、ありがとうございます。
あら、ホントですね!新芽が付いているの気が付きませんでした。
展望はありませんでしたが、乳白色の世界は、とっても幻想的でしたよ。
2013-04-07 日 17:01:57 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する