FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

大薙沢(片品水系根羽沢) 
2011年9月10日(土)

前夜発で深夜、大清水の駐車場に向かう。林道の途中、いきなり鹿が出てきてびっくり。
仮眠をして、朝6時に駐車場を出発。爽やかな林の中を、物見橋に向かう。30分程で、物見橋。ここで、武装をして入渓。7時
1monomi.jpg




すぐに最初の滝。右側を小さく巻いた
2saisyo.jpg

ここは、以前金山だったそうで 左手に軌道跡が見える。それにしても、尾瀬に金山があったなんて 知らなかったなあ。
3kidou.jpg

すぐに深そうな釜をもった小滝。まだ朝で寒いし、とても釜の中に入る気はしない。へつって越える。
4hetu.jpg

ここからしばらく、滝らしい滝もなくナメや河原が続く
5na.jpg

物見橋から1時間程で 二股。行きは ここから左俣を遡行し、帰りに右俣を下降してくる。
6huta.jpg

すぐに小滝がある。
7ta.jpg

またもや河原とナメの連続。途中、結構荒れている感じがする。台風の影響か?
8touboku.jpg

ナメの連爆が見えてくる
9ta.jpg

草の中をナメが流れている様子が、まるで庭園のようなところがあった。こんな場所が、自宅の庭にあったら どんなに幸せかなあ。
連爆の途中から眺める。
10ta.jpg

倒木の滝。倒木の奥を登り、滝の落ち口に出る。
11ta.jpg

最後の一歩が微妙と書いてあったが その通りなので、ロープを出した。最後の一歩がズルっとしてしまった。
12ochiku.jpg

最初の二股から1時間20分程で、奥の二股。ここからは 右の沢を詰める
13huta.jpg

しばらくすると、苔むした沢となり、水も涸れ、ガレた石の窪道になってくる。単純に、この顕著な窪沢を詰めれば登山道に出ると思っていたので 忠実に詰めていくと写真のガレ場に飛び出る。
(この場所に出たら、間違いですよ!左に行きすぎですよ!)
14gare.jpg

奥の二股で、稜線の登山道のコルへの方向をコンパスで合わせておくという事をしなかったため、このガレを詰めてしまった。非常に崩れやすく、急でふくらはぎがパンパンになる。正しい方向だと思っていたので必死に登る。
20分もかけてやっとガレ場を過ぎ、林に入るも、どうも変だと位置確認をすると、燕巣山方向に向かっている事がわかった。先程登りつめてしまったガレは、地図上にも載っているガレのようだった。
地図を良く見ると、奥の二股の先の二股は右に入るべきだったようだ。沢床が顕著なため、見落としていたようだ。
というわけで、ルートを変更し、右へ右へとトラバースする。20分程で、登山道に出た。コルよりだいぶ上の場所だった。

綺麗な形の四郎岳。余計な時間をくってしまったため、今回は頂上お預けですね。
15siro.jpg

反対側には日光白根と丸沼が見える。
16niko.jpg

四郎峠でしばし休憩。風が吹き抜け気持ちが良い。
17touge.jpg

さて、ここから右俣に向けて急な踏み跡を下降する。しばらく下ると、左手に大きな崩壊地が現れる。
18gare.jpg

こんな感じのところをズンズン下る。
19gare.jpg

四郎峠からガレた沢を下る事30分ほどで、やっと 噂の『黄色いナメ』が出現!!
20kiiro.jpg

ほんと、滑らない舗装道路のよう!水に触ってみると、「美人の湯」のような、滑りのある感じ。この水質のせいで、ナメが黄色いのだろうか?
21kiiro.jpg

右俣下降時の、唯一の滝。ホールドもスタンスもたくさんあるので、水流の中を簡単に降りられる。
22ta.jpg

滑らない黄色いナメも、この滝を最後に 姿をかくしてしまい、後は 二股まで河原歩き。足もヘロヘロしてくる。途中で休んでいたら、後ろから 三人組が現れた。本日、初めて人に会った。
四郎峠から、1時間20分くらいで 二股に戻ってきた。
二股からは、今朝登ってきたところを降りて行く。
へつった釜のある滝の手前に、右側に登れるように ビニール(?)の紐がたれていたので、そこを上がった。上がったところの穴からは 白い冷気が噴出していて寒いくらい。
写真の軌道の下をクライムダウンし、河原に降りた。
23kido.jpg

すっかり足がヘロヘロしていたので、最初の滝は 懸垂で降りてしまった。
24kensui.jpg

二股から1時間強で、物見橋に戻った。

※登攀的な要素の無い沢です。滝の数もあまり無く、歩く沢といった感じです。ナメが多く、癒し系ですね。癒し系が好きな人にはお勧めです。
 右俣の黄色いナメの部分は 30分も無かったですが 昔は、黄色いナメがもっと長かったのかな?
 紅葉の頃に来ると、とても良いかも。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

群馬(沢) | 22:12:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する