FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3083位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
220位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

鞍掛山~日向山(白州)NO.1
2013年5月18日(土)

甲斐駒の大展望台があるなんて、知らなかった~

今週も、天気予報は好転して 土曜日は晴れるって。
GW前半に、aと行った雨乞岳から見えた白ザレの日向山に行ってみよう。
日向山だけじゃ、あまりに短いから 鞍掛山へも足を延ばすと良さそうだね。

IMGP2503b.jpg



駐車場の状況が、良く分からなかったので早めに出発。
矢立石の駐車場には、既に何台も車が停まっていた。思っていたより、駐車スペースは沢山あったが。
写真は日向山への登山口。
我々は、鞍掛山を先に行くので林道をそのまま進む。
1_20130520221918.jpg

この林道は、何年ぶりかな?尾白谷に行った時以来だ。あの時は、季節のせいもあったのか林道の途中に、カエルがうじゃうじゃいて、非常に恐怖だった・・・(泣)
今日は、いませんように・・・・・(祈)
IMGP2462b.jpg

林道のすぐ脇に、カモシカがいた。
手を振ってみても 全然逃げる様子も無い。こんな崖地でも滑落しない 羨ましい足回り
2_20130520221917.jpg

40分程林道を歩くと、東屋があり 錦滝だ。う~ん、こんなとこあったっけ??
この東屋のところから、急登がはじまる。
3_20130520221917.jpg

階段もあったりする。危険な道じゃないけど とにかく急ですよ。
4_20130520221916.jpg

急登を30分ほどで、分岐がある。雁ケ原は、どうせ後で行くので 鞍掛山方面に進む。
この先、ちょっと急なところを登り、トラバースぎみに登っていくと10分強で稜線にでる。 
なんだか、ガスってるんですけど・・・晴れるんでしょうねえ??
5_20130520221916.jpg

稜線からは、雨乞岳に似た 笹原と針葉樹のミックスの中を時折 急になったり緩くなったりの林の中を進む。
6_20130520221915.jpg

これまた、雨乞岳のように 時折木立の間や ザレた開けたところから 鳳凰三山や富士山、甲斐駒が望める。
そうか、先程のガスは 雲海の中だったのねえ・・・
ガスを抜けたら 予報通り晴れですよ!
7_20130520222001.jpg

雨乞岳の時より、かなり甲斐駒が近いわ~
手前の左側が、鞍掛山だと思います。
8_20130520222000.jpg

稜線に出たところから、1時間強で 駒岩。駒岩って、どれですか?
なだらかな針葉樹林の中のピークだけど。
9_20130520222000.jpg

駒岩から鞍掛山へは一旦コルまで下る。
今度はコルから鞍掛山に登り返すが、こっちは結構な急登でしたよ。ゼ~ゼ~しました。
一か所、雪が残っていましたよ。
10_20130520221959.jpg

ゼ~ゼ~、ハ~ハ~して コルから20分かかって鞍掛山。
尾根の途中みたいなとこです。わざわざ休む場所でも無い感じ。
地形図だと、2037Mとなっているのに、北杜市の看板は 2047Mになっている。この10Mの差は、何故?
11_20130520221958.jpg

ここからは、右側から回り込むように展望台へ行きますよ。
白ザレの、これまたスンバラシイ展望台ですよ!!崩れた祠がありましたが 昔の人が運んだのでしょうかね?
IMGP2499.jpg

ドッカーン、と 坊主岩を従えた甲斐駒が目の前です。
(この写真だと、立体感が全然伝わらないのが残念)
なんたって、展望台と甲斐駒の間は谷なので 何も遮るものが無いのですよ。
もう、圧巻の一言ですな・・・
18_20130520222927.jpg

(更に立体感皆無の写真で、スンマソン・・・)
パノラマで、左から 鳳凰三山~黒戸尾根~甲斐駒~鋸尾根
12_20130520221958.jpg

だ~れもいない展望台を二人占め。昼食を食べ、眩しい景色を眺め続ける。
千丈滝(だと思う)の、水流まで見えましたよ。
もう、素晴らしすぎです。この景色。
ここに、一時間以上いましたよん。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

山梨 | 23:55:49 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
本当だ!!

坊主岩の左下に千丈滝が一直線で落ちているのが
下から2番目の写真に写っているじゃありませんか。
私は過去にオーレン谷の右俣を遡行した際に通過しました。

それにしても抜群の展望地ですね。
2013-05-21 火 07:09:30 | URL | ばってん [編集]
ばってん様
お越し下さり、ありがとうございます。
そうなんですよ。千丈滝が流れているのまでバッチリ見えましたよ!
こんなに素晴らしい展望台がある事を、今まで知りませんでした。
さえぎる物の無い天然の展望台なんですよね~
2013-05-21 火 09:31:30 | URL | てくてくA [編集]
鞍掛山の展望台は山と高原地図を見ると
"甲斐駒の眺めが絶品" と書いてあって前から気になっていたのですが、
日向山から往復のコースタイムが6時間近いので二の足を踏んでいました。
でもこうして写真を拝見すると素晴らしい展望台ですね。
機会があったら是非行ってみたいと思いました。(^^)
2013-05-25 土 07:34:51 | URL | TONO [編集]
TONO様
お越し下さり、ありがとうございます。
登山地図のコースタイムは、長く書いてありますが我々の行ったコースだと充分回れますよ。
写真では立体感が全然出ていないですが、
本当に甲斐駒の眺めが素晴らしいですから、是非行かれると良いですよ!(天気が確約されている時にネ!)
2013-05-25 土 12:34:29 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する