FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

ロープの携行
P1040919.jpg

ロープを必要不可欠とする山行を行う場合の
携行の仕方について考察してみました

皆さんはどんな持ち方をしているでしょうか
大方は上記の振り分けで持たれる方が多いと思います


又はループ巻きの方もいると思います↓
P1040920.jpg

どちらが良い悪いは置いといて
どちらの場合もロープを一本にするときに
団子になりませんか?
クライミングではロープを使いだす前に解いて
繰り出せるようにすることを「ロープを一本にする」と言います

団子の原因は
引き出されていくロープが接触しているロープを
一緒に引き込んで絡めてしまうために起こります
真新しいロープではヨリが強くキンクしやすいために
余計に絡まる傾向にあります

そこで
P1040921.jpg
何ですか?これ!!

って言われそうですが
団子にならない巻き方です
編みこみ携行とでもしておきましょうか
(正式な名称は知りません)

このロープの末端を引き出していくと
P1040922.jpg

P1040923.jpg

P1040924.jpg

P1040925.jpg

P1040926.jpg
最後までスムースに一本になります

これは整列してる状態のロープが動くことで
絡まってしまう原理の逆を上手に使ったアイデアです
(最初から絡まった状態を作り出しておいて動くことで絡みが解ける)

さて、巻き方の説明
まず一方の末端にエイトでもオーバーハンドでも良いので
ループを作ります
P1050009.jpg

このループを先頭に三重巻きの大ループを作ります↓
この大ループが編みこみの核になります
P1050010.jpg

ロープの後方を最初の小ループに通します↓

P1050011.jpg

引き出した輪の中にさらにロープの後方を通します↓
この時に必ず核となる大ループを絡めます
(右から、次は左からと交合に)
P1050012.jpg

編みものをされた経験のあるかたは理解が早いかもしれません
P1050013.jpg

P1050014.jpg

P1050015.jpg

この要領で巻いていき残り1mくらいになったら
核のループにグルグルと巻きつけて末端の処理をしておきます

私はこのままザックの雨蓋のすぐ下に突っ込んで
使う分だけ引き出します
絡まずに出てきます

面倒くさそうに見えますが
慣れると50mロープを4~5分で巻けるようになりますよ

岩場のマルチピッチ・クライミングなどでは
一度ロープを出したら終了点まで仕舞うことはありませんが
沢登りや雪山登攀などで頻繁にロープの出し入れがある時は
結果的には時間の短縮になります


次はロープケースを使った方法
P1040934.jpg

私のロープケースには全てこのようなベロ(平テープでループ)が縫いつけてあります
このベロの一方にロープの末端を結びつけます
P1040936.jpg

そしたら無造作にロープを一握りづつケースの中に押し込んでいきます
P1040937.jpg

最後に後方の末端をもう一つのベロに結び付けて収納
P1040938.jpg

使うときは逆の要領で最後に結び付けたロープが先頭になり引き出されます
やはりザックの雨蓋のすぐ下に入れておくと使いたいだけ引き出せます
でもこれは編みこみ携行よりは引っ掛かりやすいです
P1040939.jpg

また10m程度のお助けロープはコイル巻きで携行するのが
コンパクトで使い良いです
P1040933.jpg







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

雑記帳 | 20:14:51 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
すばらしい
てくてくさん

練習して体得したいと思います。
いい勉強になりました。
ありがとうございます。
2013-06-17 月 08:35:43 | URL | 目目連 [編集]
目目連さま

お久しぶりです
目目連さまにお褒めいただけるとは光栄です

無い物は自分で作り出す
無い方法は自分で編み出す
先人の山屋達が取り組んできた財産ですね

道具いじりは楽しいです
2013-06-17 月 18:57:57 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する