FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

片品川センノ沢(尾瀬)
2013年8月4日(日)

またもや 癒し系ですね~

天候やら個人的事情やらで、二週続けて 山に行きそびれてしまった。
そして、今回も直前に日帰り沢に変更。今年は 「土壇場コロコロと変更」が続いている。

以前計画していて、行きそびれていたセンノ沢。
遡行時間は短く、やさしい沢らしい。
日曜の天気予報も、午後は雨になるとの事。
できるだけ早く行動を始めたいので、前夜に大清水の駐車場に入っておく。
満点の星空は、久しぶりだなー。天の川もよ~く見えましたよん。

4時に起床し、しばらくすると 雲が赤く染まってきた。
1_2013080623420113d.jpg



5時に出発。45分程で一ノ瀬休息所。
その先の橋から入渓する。橋を渡った左岸側の階段を降り流れに沿って降りて行かれる。
3_2013080623420030d.jpg

すぐに金山沢との二股になり、左のセンノ沢に入る。水が冷たい!
さっそく、ナメ滝がありましたよ。
4_20130806234200b60.jpg

滝の上も、ナメが続いている。水量も結構あるし、とにかく冷たい~
5_20130806234159f91.jpg

ジャバジャバ歩いているうちに、足も冷たさが慣れてくる。
6_20130806234159e2d.jpg

水が冷たいので、なるべく濡れないように登って行く
7_20130806234158190.jpg

このナメ滝の上は、黒いナメが続いている。水流に手を入れると 氷水のようだ。しばらく手がジンジンする。
8_201308062342450af.jpg

水面がキラキラして綺麗だな~
9_20130806234245b21.jpg

水が冷た過ぎて、突っ込む気にはなれましぇーん!左側を巻きました。
10_2013080623424474f.jpg

テンバになりそうな、いい感じのところがありました。ここで、一休み。
11_20130806234243f01.jpg

そのすぐ先の滝。
12_20130806234243b8e.jpg

ナメ滝が続く
13_20130806234242411.jpg

またまたナメ滝
14_201308062343321b9.jpg

セン沢田代への二股。ガムテープで 印がつけてあった。
15_20130806234331cd9.jpg

その先も、ナメが続いている
16_20130806234330053.jpg

二股から15分程で、三俣。
ここは、事前にチェックしていたとおり、一番右の藪がある流れに入る。
基本、沢型に沿って 藪が濃かったり薄かったりしているところを上がって行くと、左手方向の先に どうやら田代がある様子。少々藪をかき分けると・・・・
セン沢田代に出ました。三俣から20分弱かかりました。
22_20130806235322c88.jpg

パノラマで。
湿原というより、草っぱらですね。(クリックしてね!)
17_201308062343309ca.jpg

田代を横切って、笹藪を漕ぐと登山道にでました。
この先も、道がグチャグチャらしいので 沢靴のまま行く事にする。
18_20130806234329c1a.jpg

樹林の中を登って行くと、35分程で皿伏山の頂上だ。
ベンチがあるのみで、頂上らしいところでは無い。
19_20130806234329dd3.jpg

途中、ちょっとした湿原にはワタスゲがあった。
皿伏山から40分ほどで、大清水平。
ここで、武装解除した。(クリックしてね!)
20_201308062344561ff.jpg

しばし休憩
23_20130806235321298.jpg

大清水平に咲いていた花
クルマ百合(で合っていますか?)
P1050289.jpg

花(名前わかりません。ご存じの方、教えて下さい)
P1050300 (640x480)

花(名前わかりません。ご存じの方、教えて下さい)
P1050302 (640x480)

15分下ると尾瀬沼にでました。
21_201308062344556d7.jpg

三平下までの沼畔の木道は、あまり整備されていない様子。群馬県の予算がここまで回らないようだ。
三平下まで来ると、子供やら年配者やらわんさか人がいましたよ。
ここでアイスを食べて、一気に一ノ瀬まで。
林道わきの水流で、沢靴を下洗いしました。
結局、林道途中で雨に降られてしまった。天気予報より、ちょっと早めだったなあ。

戸倉で温泉に入って、渋滞に巻き込まれて帰りました。
センノ沢は、噂通りのナメナメでした。ロープは使用しませんでした。

タイム:駐車場5:00-一ノ瀬橋5:45~6:10-セン沢田代9:20-大清水平11:00~11:25-三平下12:00~12:10-一ノ瀬13:00-駐車場13:45
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

群馬(沢) | 00:05:02 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
水を流した廊下のようなところですね。
いや、感銘を受けました。

暑くなると涼を求めて高山へ行きたくなりますが
高い処に出るまでが暑いですね。
沢は水の傍なので涼しいのでしょう、夏場は理にかなった避暑の
方法だと感じましたよ。
2013-08-08 木 20:03:11 | URL | 爺親 [編集]
爺親さま

お久しぶりです。
水の傍は涼しいです。
水線上を進むあいだは汗をかきませんから。
ただ水が消えた源頭部は暑さ百倍ですが(笑)

歳のせいか最近は真夏に
アルプス稜線の縦走をする気になれなくなりました。
ダメですね。
2013-08-13 火 20:46:58 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する