fc2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
145位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

てくてくの熊避けグッズ
初夏と秋の危険時期
新兵器 パフパフラッパ
_kumatyui.jpg

まぁ、このような看板は山に出向けば多々目にしますが
実際問題、熊害は増えています


そこで
てくてくが日頃、
熊に遭遇しないために取り組んでいるグッズを紹介しましょう!

ジャジャ~ン
P1050511 (560x420)

左から
チャリ用シングルホーン  熊鈴  鈴  南部鈴  カウベル  チャリ用ベル  カウンターアソルト

順を追って検証していきましょう

まずホーンです
P1050509 (560x420)

いわゆるパフパフラッパですが
音の通りは強く単一志向性でラッパの向いている方向へは
強烈な金属音を放ちます

てくてくでは主に沢登りの際に使用
実際の仕様では水音にかき消される状況でも直線で100mは優に通りました

ホームセンターで680円で購入しました

P1050508 (560x420)
次がこれ
北海道で林野庁職員や林業関係者が使用している
真鍮製の鋳造鈴
音が大きく派手なので効果は大ですが
はっきり言って耳障りなデカ音です

P1050505 (560x420)

登山用品店で効果を期待して購入したものの
体に装着した際には
常に身体が揺れていないと発音しないのでイマイチな感じです
使い方としてはストックなどに装着して
ストックを突いた際に発音する僧侶が使う錫杖のような使い方ですかね

P1050513 (560x420)
これは南部鈴の外側にプラ製のカバーを装着して
常に鈴が中空に浮いている状態を作って
音がミュートされてしまうのを防ぐ優れものです

音色は御鈴のような長いサスティーンを得られる鈴です

過去にNHKだったと思うのですが
熊除け鈴を検証していた番組で
動物の耳に最も到達する音は
御鈴のサスティーンだと検証していた番組を見ました

チィ~~ン
チィの部分がアタック音
~~の部分がサスティーン音
の部分をディケイ音と言います

動物の耳は、この~~の部分を聞く能力が長けているようです

P1050507 (560x420)
これはご存知、牛の首にぶら下がっているカウベルです
カラカラと心地よい音色で無風の状態では遠くまで音が届きます

P1050514 (560x420)
これぞてくてく流、ロングサスティーン音を奏でるスーパーベル
自転車用のベルですが
真鍮製でチィ~ン音が出したい時に任意で出せる優れもの

P1050510 (560x420)
今までのグッズは熊に出会わないための回避グッズ
そして今回は運悪く遭遇してしまった場合のレスキューグッズです

USA製品で唐辛子エキスを噴射する撃退品
未だ使ったことはありませんが
カプサイシンパワーはグリズリーの動きを一瞬にして止めてしまう威力があるようです
値段も高いです(一万円前後します)

どんなに注意していても遭遇は時の運
襲われるときはどんなことを試みても襲われます

その時は命を差し出す覚悟で山に入っています
でも食べられるなら綺麗に残さず食べてほしいなぁ
食い散らかされるのはみじめで悲しいですから

関連記事
スポンサーサイト



雑記帳 | 20:36:57 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
初めまして
てくてくさま

通りすがりの釣師と申します。
この記事は大変参考になりました。

私のような釣行で沢に入る場合には
自分から発する音は禁物ですが
昨今は自分の周りにも熊の気配を感じることが多く
怖い思いをしています。
スプレーは持ち歩いていますが
ポイントで流し込んで集中すると
多分、熊の接近に気付くのも遅れて使えないような気がします。
基本、釣行は独りですので
危険を感じた場合に鳴らせる自転車ベルは使えそうです。
今年はもう禁猟になりましたので来年試してみようと思います。

また立寄らせていただきます。
2013-10-25 金 09:06:44 | URL | 釣師 [編集]
釣師 様

お立ち寄り有難うございました

私も昔は渓流釣りをしていました
未だ至近距離での熊との遭遇はありませんが
登山道と違い、動物の水飲み場である沢では
熊の匂いを感じることは多いと思います

過去の経験や遭遇者の話から
登りより下りでの遭遇が多いみたいですね
音は下から上へ良く抜けますが
逆は通りが悪いようです

ですから沢に入る時は不必要なほど音を発します
そういう意味では我々沢屋は
釣師の方にはいつもご迷惑をおかけして申し訳なく思っています

2013-10-26 土 20:42:27 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する