FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

小野岳(南会津)
観光地のすぐ近くに 巨木の林があるんだな~

2014年4月19日(土)

今年も、温めていた計画が天気予報によりあえなく頓挫。
比較的、天気が崩れなそうなところ・・・として南会津を計画した。
が、当初計画した山の登山口に近づくにつれ 何と雨・・・・・(泣)

登山口まで行き、しばらく悩んだが またの機会にしよう、ということで二日目に予定していた小野岳へ向かう事にした。

1_20140422000528139.jpg



そんな訳で、駐車場渋滞(空き待ちの車をもっと横に寄せてくれりゃ良いのに。通行できないじゃあないの!)の大内宿を通り抜けてヘヤピンカーブ駐車場に車を止めたのは11時近くになってしまっていた。登山口には「小野嶽」の石碑があった。
2_20140421234533b41.jpg

林道を何度か曲がると広場。駐車場なんだろな。途中に雪があったので我々は下に車置いて来たんだけど。
一番奥が登山道の入り口
3_20140421234532a6b.jpg

林の中を登って行くと、次第に沢沿いの道になる。
4_201404212345317fa.jpg

地形図上の沢型のどん詰まりから、左手の尾根にあがる。
5_20140421234531811.jpg

尾根に乗ったところ。左手に鉄塔がたっている。
6_20140421234530ab5.jpg

明るい尾根を登って行く。木々の芽吹きはまだだが、春山ジョイの雰囲気だ。
7_201404212345308f8.jpg

さらに尾根に乗ると右に折れ1223Mに向かい登って行く。
8_20140421234623aad.jpg

1223Mから一旦下る。コル周辺は 巨木がたくさんあった。人の手が入っていないってことなんだろうな。
とっても良い感じだ。
9_20140421234622121.jpg

ブナの木が多いようですよ。っていうか、ブナ以外の木の名前知らないだけかも。(汗)
10_20140421234622326.jpg

キックステップで登る。
11_20140421234621548.jpg

雪庇の残骸の落ちそうな雪の塊の向こうに若郷湖が見える
12_20140421234619303.jpg

良い感じの林の中を登って行くと、もうすぐ頂上だ
13_20140421234708f61.jpg

小野嶽山頂。
14_20140421234707a43.jpg

祠の脇には、フキノトウが咲いていた。春ですね~
15_2014042123470617c.jpg

山頂のパノラマ(クリックしてね)
山頂部分だけ、雪が解けていて ちょうどランチするには良い感じ。カップめんをすする。
日差しに当たっていると、ポカポカと眠くなってくる。
16_201404212347060d7.jpg

猪苗代湖や磐梯山。
17_20140421234705fea.jpg

会津盆地を望む。
写真では良くわからないけど、飯豊も真っ白く見えてましたよ。
18_20140421234704e36.jpg

この後、来た道を降りました。結局、誰にも会いませんでした。
短時間で登れて、展望もそこそこにあり 太いブナの木もあるお得感のある山ですよ。
雪の上に、熊さんの足跡らしきものがありましたよ。数日前の感じでしたけど。

この後、会津本郷まで行って食材の買いだしをして「湯陶里」という日帰り温泉に入りました。
その横にあるキャンプ場は、非常にロケーションの良いところだったのだけど 既に受付が終わってしまっていたので断念。
小野岳から見えた若郷湖の大川ダム公園の駐車場に泊る事にしましたよ。

タイム:駐車場11:10-小野嶽13:30~14:10-駐車場15:30

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

福島(雪) | 10:53:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する